SCP-1647-JP - リズムに合わせろ

BY THE ORDER OF THE OVERSEER COUNCIL



監督評議会命令

下記のファイルはレベル5/1647-JPの機密事項に指定されています。不正なアクセスは禁じられています。

1647-JP

特別収容プロトコル: 事案1647-JPにより、現在は少なくとも地球全土はSCP-1647-JPの影響下にあると考えられています。SCP-1647-JPはサイト-8120にて、電源が入らないよう電源ボタンを固定された状態で収容されています。SCP-1647-JPを用いた実験は禁止されています。SCP-1647-JP-B-1、-2はサイト-81██にてシャンク/アナスタサコス恒常時間溝を設置したロッカーに収容されています。SCP-2000等、データベースがシャンク/アナスタサコス恒常時間溝によって防護されている物品は現在進行形でデータベースの参照、及び再編集が行われています。データベースは█%分復旧されています。

【アーカイブ済: 20██/11/24】SCP-1647-JPはサイト-8120の低脅威用ロッカーに収容されます。実験を行う場合にはセキュリティクリアランス4以上の職員3人以上からの許可が必要です。SCP-1647-JPと同様の効果を持つ存在は現在、機動部隊た-4("遅刻魔")によって捜索されています。同様の存在が発見された場合、SCP-1647-JPのオブジェクトクラスはEuclidに変更されます。

【アーカイブ済: 20██/11/09】SCP-1647-JPはサイト-8120の低脅威用ロッカーに収容されます。実験にはセキュリティクリアランス3以上の職員からの許可が必要です。

Alive

発見当時のSCP-1647-JP

説明: SCP-1647-JPは高さ20cm、横幅12cmの██社製の機械式メトロノームです。物理的性質としては、破壊耐性があることと動力を必要としないことを除き、異常性のないメトロノームとの差異はありません。SCP-1647-JPの異常性は電源を入れることで発現します。

SCP-1647-JPは射程内の、一定の周期を持つ存在1を対象とした異常性を示します。SCP-1647-JPに電源を入れると、瞬時にそれらの内の1種類に無作為に干渉し、周期を完全に消失させます。(SCP-1647-JP-Aと指定)この変化は瞬時に完了するため、経過観察は現在まで成功していません。起動してから5~7秒経過すると、SCP-1647-JPはSCP-1647-JP-Aに自身の遊錘2が示す数値(以降単純に”数値”とします)に基づく周期を60BPMを基準として付与します。遊錘を動かすことで対象の周期を変更することができます。例えば時計が秒を刻む周期がSCP-1647-JP-Aに指定されている時に120BPMに合わせた場合、速さは2倍になり、その時計は1分間に120回秒を刻む様になります。テンポは40BPMから208BPMの間で変更可能です。電源を切ってもSCP-1647-JPによるリズムの変更は取り消されません。

SCP-1647-JPは20██/11/05に██県██市███のアパートを借りていたエージェント・███が、自室の周りで起きた不可解な現象3を調べた結果、趣味で買ったメトロノーム4が現象の原因だったと判明したことにより回収されました。この際に実験に米目博士が割り当てられました。回収当時はSafeクラスとして扱われていましたが、事案1647-JPの発覚後にKeterクラスへと再分類されました。

補遺: 20██/11/23に、SCP-009-JPの担当職員の██研究員の主張により、SCP-1647-JPがSCP-009-JPの起源である可能性が浮上しました。以下の記録は██研究員へのインタビュー記録です。

以上のインタビューより、SCP-009-JPとSCP-1647-JPの共同研究チームが立ち上げられました。SCP-009-JPとSCP-1647-JPの関係の実証は現在調査中です。事案1647-JP以降、共同研究チームは解散しています。

事案1647-JP: 20██/12/01に行われた実験1647-JP-28の後、SCP-745-JPの定期カウンセリングを行っていた香山研究助手から、SCP-745-JPの収容房内の時計が速く進むようになっているという報告がされ、同時に碓氷博士がSCP-1647-JPの実験の恒久的な停止、ならびにSCP-1647-JPのオブジェクトクラスのKeterへの再分類を要求しました。以下の記録は香山研究助手、並びに碓氷博士への当時のインタビュー記録です。

以上のインタビューより、実験記録1647-JP-28におけるSCP-1647-JP-AはSCP-1647-JPによる最後の過去改変以前の情報を持つ物品として、SCP-745-JP収容房内の時計と共にSCP-1647-JP-B-1、-2に再指定されました。加えて、シャンク/アナスタサコス恒常時間溝によって防護されているデータベースが全て実際のデータと██%の齟齬を起こしていることが判明しました。また、009-1647-JP共同研究チームは解散となりました。

以下の内容はシャンク/アナスタサコス恒常時間溝に防護されていない既存のデータベースの比較などから少なくとも影響を受けたと推測されている事象を記しています。具体的にどれだけの要素がSCP-1647-JPによる過去改変を受けているかは不明です。

以上の結果より、SCP-1647-JPは現在進行形でいくつかのThaumielクラスオブジェクト等に影響を与えているとして、Keterクラスへと再分類されました。データベースの情報を保つためにSCP-1647-JPによる過去改変前の状態にSCP-1647-JPを用いて戻すという提案は現在O5評議会によって協議中です。更なる過去改変の危険性のため、提案は棄却されました。(賛成4-反対9)

ERROR

The KAZUMIKKUSU's portal does not exist.


エラー: KAZUMIKKUSUのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2880756 ( 17 Jun 2018 10:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License