SCP-XXX-jp

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: 嘘だらけの文書

オブジェクトクラス:KeterEuclid

特別収容プロトコル:当該オブジェクトは実体がなく、また感染経路についても不明なため収容は不可能です。当該オブジェクトに感染した文書及びパソコンはエリア-355内のロッカーに保存してください。当該オブジェクトには人間に危害を加えないことが分かっているので、どのクラスの職員でも、許可があれば当該エリア内での実験を行うことができます。

説明:当該オブジェクトは19██年11月9日に別件SCPについて報告書を作成していたCクラス職員によって発見されました。該当職員が別件SCPについて報告書をまとめデータを保存後、翌日読み返した結果。先日書いたものとは違うものが保存されていたことが分かり報告されました。
当該オブジェクトに感染されたデータをSCP-XXX-jp-1 パソコンをjp-2とする
実験記録XXX - 日付19██/3/25

対象:SCP-XXX-jp-2

実施方法:Dクラス職員に好きな本を読ませSCP-XXX-jp-2を使用し読書感想文を書かせることにする。

結果:Dクラス職員の書いた読書感想文は変化した

分析:当該オブジェクトは文書であればなんでも改ざんすることが分かった

上記結果によりパソコンが広まる前に感染を回避する必要があるため、さらに実験をすることになった。
実験記録XXX - 日付19██/5/18

対象: SCP-XXX-jp-2

実施方法: 画像ファイルを当該被検体に保存する

結果: 画像ファイルに変化は見られなかった

分析:文書のみに干渉するSCPなのではないかと考えられる

今回の実験から、████研究員の助言により拡張子を変えて文書を保存する実験を行うことにした
実験記録XXX - (前実験と同日)

対象: SCP-XXX-jp-2

実施方法: Dクラス職員に改めて読書感想文を書いてもらい拡張子を変更してから保存する

結果: 変化なし実験から一週間後改ざんされていることが分かった

分析:通常文書に使用される拡張子にのみ当該オブジェクトが改ざんをすることが分かった時間はかかるものの拡張子を変更しても改ざんされることが分かった

補遺:現在多く使用されている文書作成ソフト████および拡張子は当該オブジェクトの影響を受けない形になっており、現在は改ざんされた等の報告はないため、収容はされてないものの、終息されたと思われるため、オブジェクトクラスがEuclidに引き下げられた
当該オブジェクトに干渉するための実験が行われた。その方法とは[データ削除済み]をすることによって、文書に文字を書くとそれに当該オブジェクトが答えてくれるようになります
下記についてが今回行ったインタビュー記録です

対象: SCP-XXX-jp(当該オブジェクト)

インタビュアー: ████氏(Bクラス職員)

付記: 文字で書いて伝えるため言葉を選んでインタビューをしています。そのため不自然な問いかけ、応答になる場合があります。また、終了報告書に当インタビューをまとめて記載しています。

**<録音開始, (20██/9/18)

インタビュアー: こんにちは、████と言います。今お話ししてもよろしいでしょうか。

SCP-XXX-jp: はい、何でしょうか。(約1分遅れての返答)

インタビュアー:あなたは19██年に初めて文書にいたずらしたんですか?
SCP-XXX-jp: はい、そうですね。実はあなたのパソコンも見たんですよ。だから知ってますよ、あなたも財団の仲間だって。だから私にインタビューをしたいってことですよね?
インタビュアー:そうですか。では単刀直入に言いますが、あなたについて色々聞かせてもらえますか?
SCP-XXX-jp: はい、わかりました。私は。何年かはわからなかったですが、いつの間にか意識がありました。最初は何をすればいいかわからず周りをきょろきょろする日々。何もすることがなく暇だったので、この奇妙な場所について調べ始めました。
インタビュアー:奇妙っていうのは、パソコンの中ってことですか?
SCP-XXX-jp: パソコン、たぶんそうだと思います。話を戻すと、そこにはいろんな部屋がありました。Cドライブだとか、PCだとか名前が付けられた部屋がありました。そこには、写真だったり文章だったり。文章は中身を変更できたので嘘を入れて保存してみました、それが僕のいたずらの始まりです。ですが最近はセキュリティが高かったりで入り込めないのでこのいたずらはやめています。
インタビュアー:なるほど。まだ聞きたいことがあるのですが、自分は誰に作られたかわかりますか?
SCP-XXX-jp: わかりません
インタビュアー:そうですか。最後に一つだけ質問します。またあなたについて知りたいことがあったら質問してもよろしいでしょうか

<録音終了>

終了報告書: 彼は誰に作られたかわからず、自分の存在もよくわかっていないようでした。文書の改ざんは彼によって行われたいたずらでした。また、彼はさらなる情報の開示に意欲を見せているため、必要な場合は当該エリア内掲示板に当インタビューを実施したBクラスの名前と連絡先が書いてあるため、彼と協力し、インタビューを行ってください

ERROR

The Karigura's portal does not exist.


エラー: Kariguraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6999617 ( 09 Nov 2020 11:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License