生前葬
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 本稿執筆時点までに於いて、SCP-XXX-JPの発生・終了を阻止する試みは全て失敗しています。

説明: SCP-XXX-JPは

  1. 被害者となった人物の首筋には、搔傷のような傷が数本出現します。この時の傷は浅く、出血量は本来であれば、被害者は意識を失い倒れます。この意識喪失は第二段階まで回復しません。直後、被害者はタイプΨ認識阻害に分類される精神影響を帯び、クラスX記憶補強剤を摂取していない人間は被害者が「(心臓麻痺で)死亡した遺体」であると認識するようになります。この影響により、検死などの過程を経て被害者は死亡者として扱われ、火葬されることになります。
  2. 告別式などを経た後棺に入れられ蓋をされると、被害者は覚醒します。この時、多くの場合被害者は棺からの脱出を試みますが、第三者が外部から開けない限り棺が開くことはありません。精神影響を受けていない人物がこれを阻止しない限り、被害者はこの状態のまま火葬されます。
  3. 被害者の火葬が開始してから約30秒後、被害者の精神影響的性質は消失、影響を受けた全員は影響を受けていた間の記憶を取り戻します。この時点で火葬を中止した場合の生存率は現在まで0 %です。

ERROR

The KanKan's portal does not exist.


エラー: KanKanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2859452 ( 31 May 2018 22:00 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License