SCP下書き「シガスタン(英: shigastane)」(バックアップ済)
rating: 0+x

polysigastylene.jpg

最初に合成されたSCP-XXX-JP-5の粉末サンプル。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe(暫定)

特別収容プロトコル: 現在財団が確保しているSCP-XXX-JPのサンプルは、サイト-81██の電子保管庫に常温で保管されています。SCP-XXX-JPの付近は原則火気厳禁であり、許可なくSCP-XXX-JPを摂取した/発火させた場合は日本支部理事会より厳重な処罰が下されます。SCP-XXX-JPの詳細な性質は現在も研究中です。

説明: SCP-XXX-JPは炭素数Θ'1の有機化合物の総称です。確認されている全ての組成において異常な性質を示しており、異なる炭素数の有機化合物からの人工的な合成には成功していません。

分類番号 分子式 示性式 内容
SCP-XXX-JP-1 CΘ'H2Θ'+2 CH3(CH2)Θ'-2CH3 鎖式飽和炭化水素(アルカン)2の一種であり、ガソリンの性質を示します。最も多く確認されるSCP-XXX-JPの組成であり、「シガスタン(shigastane)」と呼称されている文献が複数回収されています。ヒト(学名: Homo sapiens)がSCP-XXX-JP-1を消化することは不可能ですが、約0.5 μgのSCP-XXX-JP-1を体内に有するヒトは、現在存在する宇宙から見て約±5.3°の変異角の平行宇宙の同一存在と、ランダムなタイミングで意識が入れ替わります。この現象の詳細は解明されていません。
SCP-XXX-JP-2 CΘ'H2Θ' CH2CH(CH2)Θ'-3CH3(1-シガステン)等 「シガステン(shigastene)」とも呼称される、アルケン3の一種です。重合した場合、SCP-XXX-JP-5となり性質が変化します。
SCP-XXX-JP-3 CΘ'H2Θ'+2O CH3(CH2)Θ'-1OH(1-シガスタノール)等 アルコールの一種であり、「シガスタノール(shigastanol)」とも呼称されます。SCP-XXX-JP-3の爆発は周辺の物体に時間転移現象を発生させます。現在からどれほど転移するかは、おおよそSCP-XXX-JP-3の爆発から受け取った熱エネルギーや運動エネルギーの量に比例していると思われますが、詳細な原理や過程は現在まで解明されていません。
SCP-XXX-JP-4 CΘ'H2Θ' (CH2)Θ' シクロアルカン4の一種であり、「シクロシガスタン(cycloshigastane)」とも呼称されます。SCP-XXX-JP-4が発火した場合、発火地点に半径5~31 cmのポータルを出現させます。このポータルはクラス-Bワームホールの一端であり、もう一端は同一或いは異なる平行宇宙のランダムな時点・地点と接続しています。接続先が決定される条件は解明されていません。
SCP-XXX-JP-5 (CΘ'H2Θ')n (CΘ'H2Θ')n SCP-XXX-JP-2が重合した構造を持つ高分子で、「ポリシガステン(polyshigastene)」や「ポリシガスチレン(polyshigastylene)」または「PSG」とも呼称されます。

補遺XXX-1 発見経緯: 2018/05/03、カスピ海北東のシガスタン聖堂遺跡5から1km

  • safe
  • scp-jp
  • 犀賀派
  • 異次元
  • 時空間
  • 人工
  • 有機体

https://www.pakutaso.com/20180211047post-15242.html

ERROR

The KanKan's portal does not exist.


エラー: KanKanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2859452 ( 31 May 2018 22:00 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License