SCP 「これで日米間の交流も楽ちんですね^^」

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその規模の大きさにより、現在まで収容に成功していません。そのため、現在は代替策として陸地から4㎞の間までに財団内部で開発された光学迷彩装置を設置し、24時間起動させています。光学迷彩装置は一か月に一回点検し、故障してないか確認することが義務付けられています。また、陸地から1km圏内は完全封鎖し、その範囲に近づく一般市民に対してはカバーストーリーを適用してください。
SCP-XXX-JPは予算の都合によって、海上での十分な処置が施せていません。もし、海上にてSCP-XXX-JPを目撃した一般船か見つかった場合は速やかにBクラス記憶処理を施したのち解放してください。また、ネット上でSCP-XXX-JPを発見したという情報が発見された場合、財団の情報部との連携を取り、目撃者にBクラス記憶処理を施し、ネット上の投稿を完全消去します。

もし、SCP-XXX-JP-1が出現した場合、財団本部との連携を取り対処に当たってください。

SCP-XXX-JPに関する実験は担当研究員である「イチジク博士」の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは日本██ 県██ 市の海岸からアメリカ█████ 州████ 町の海岸をつないでいる、全長約10,000km、幅約5mの一本の大きな橋です。
構造は「桁橋」に酷似しています。SCP-XXX-JPを構成する素材は鋼、コンクリート、木材と予測されていますが、異常なほどの耐久力を見せるため、素材自体にも何らかの特異性があるとされ現在も研究がされています。

SCP-XXX-JP上に一定以上の質量と面積を持ったもの1が乗ることによって異常性が発生します。(以下異常性が発生したものをSCP-XXX-JP-1と表記)
SCP-XXX-JP-1は一瞬で██████m/sまで加速、SCP-XXX-JP上を通過した後、陸上した瞬間周囲数十mを巻き込み大爆発を起こし、跡形もなく消え去ります。

SCP-XXX-JPは現在確認されているもので、SCP-XXX-JP-1による爆発、最大風速が約17.2 m/s の台風、震度7の地震にも耐えるほどの驚異的な耐久力を見せます。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The kakanntosu's portal does not exist.


エラー: kakanntosuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3661818 ( 05 Jan 2021 08:13 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License