SCP-118-J - The Saltiest Doctor Alive / 世界一塩辛い博士

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-118-J

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-118-Jは追って通知があるまでサイト-19に収容されます。この辺りでSCP-118-Jがすることが何であれともかく仕事をさせてください。SCP-118-Jはさらなる研究任務が割り当てられることがありますが、長期交流は個人に日々のナトリウム摂取量を超えさせる可能性があります。SCP-118-Jを興奮させることはSCP-118-Jを巨大化させる原因になるため推奨しません。
Special Containment Procedures: SCP-118-J is to be contained at Site 19 until further notice by allowing him to work with whatever it is that SCP-118-J does around here anyway. SCP-118-J can be assigned further research duties, but prolonged interaction may cause individuals to exceed their daily sodium intake. It is not advised to agitate SCP-118-J, as it causes SCP-118-J to grow in size.

怒りが爆発した場合には、財団職員はSCP-118-Jに冷静になるよう伝え、疑問発言を通して彼らの状況を思い出させることを推奨します。
In the event of an explosive outburst, Foundation personnel are advised to tell SCP-118-J to chill, and remind them of their condition, through an interrogative statement.

説明: SCP-118-Jは元財団研究員のマイケル・マグナス博士であり、サイト-19のカフェテリアで起こった不幸な事件の後、相当量の食卓塩に変化しました。
Description: SCP-118-J is formerly Foundation Researcher Doctor Michael Magnus, who was transformed into a substantial quantity of common table salt after an unfortunate incident in the Site 19 cafeteria.

この事件の後、SCP-118-Jはそこら中で白衣を着て眼鏡をかけた巨大な塩の山となっています。SCP-118-Jはまだ財団の研究任務を行うことができますが、そうすることで彼が放出する塩の量は膨大です。塩の放出は給料日前後、またアメリカンフットボールチームのピッツバーグ・スティーラーズに関するスポーツイベントの後に増加することが観測されました。
After this incident SCP-118-J has become a giant pile of salt, with a labcoat, and a pair of glasses in there somewhere. SCP-118-J is still able to perform his research duties for the Foundation, though the amount of salt he emits while doing so is staggering. Salt emissions have been observed to increase around payday, and after sporting events involving the Pittsburgh Steelers American football team.

SCP-118-Jは興奮するか叱った場合に塩の全体量が増加することが観測されました。そのため、SCP-118-Jを落ち着かせておくことを推奨します。そうしないとあなたの心臓血管の健康が損なわれる可能性があります。
SCP-118-J has been observed to increase in the total volume of salt when agitated or corrected. As such it is recommended to try and keep SCP-118-J calm. Failure to do so may endanger your cardiovascular health.

ケンジントン研究員は2004年11月17日にマグナス博士の変化を観測しました。昼休憩中にマグナス博士は興奮すると、"塩状態に入りました"(以下"状況-後部-損傷"と呼称)。
Researcher Kensington observed the transformation of Dr. Magnus on November 17th, 2004 after he became agitated, and "entered a salt state" (hereafter referred to as CONDITION-POSTERIOR-DAMAGED) during their shared lunch break.

現在、SCP-118-Jの治療法は知られていないため、彼は死ぬまで巨大な塩の山であり続けることでしょう。
At this time, there's no known cure for SCP-118-J's condition, and will most likely remain a giant pile of salt until he dies.

マグナス博士のメモ:
Dr. Magnus' note:
くたばれケンジントン、お前は俺が欲しいとわかっていながら最後の1皿のカルボナーラを取った、そのことが俺を"塩辛くキレ"させているわけじゃない、クソ馬鹿野郎が。データベースにこのクソを投稿するのをやめろ、これのせいであいつらすでに俺のメールの受信トレーを消している。
Get fucked Kensington, you took that last plate of Carbonara, when you knew I wanted it, and that doesn't make me "salty", you giant chode. Stop posting this shit to the database, they're already murdering my inbox because of this.


ERROR

The kai58's portal does not exist.


エラー: kai58のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5322592 ( 21 Oct 2019 17:26 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License