悪コン下書き 爽快ロッカー

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPは開口部全体を映すように監視カメラを設置した上で、硬貨回収部内と開口部内が常に空の状態で保ち、扉が一切開かないように固定してサイト-81██の低脅威度物品保管室に収容されています。開口部の鍵はタグをつけて鍵穴に差し込んだままの状態にし、硬貨回収部の鍵と開口部の扉の固定解除装置は担当管理者が所持します。担当管理者はSCP-xxx-JPの扉を閉じたことがない人物の中から選び、7日に1度は収容状態を点検することで扉を閉めた形跡がないか確認します。もし人物によって閉めた形跡が確認された場合は、その人物を特定してください。SCP-xxx-JPを用いた実験には国籍、および住民票の確認の上、担当管理者の許可が必要です。実験によりSCP-xxx-JPの影響を受けたDクラス職員以外の対象者は、現在経過観察が実施されています。

説明: SCP-xxx-JPは1口がH 380mm×W 530mm×D 530mmの外寸を持つ5列4段のコインロッカーです。他の地域と比較して多数の公共物品の損傷が発生している██駅周辺で調査を行ったところ、同駅ビル内に全く損傷を受けていないロッカーが発見され収容に至りました。

SCP-xxx-JPは開口部内に置く物の有無に関わらず、開口部の扉を閉める際に必ず勢いよく閉める動作を行います。この動作を行った利用者をSCP-xxx-JP-1と分類します。この動作の特徴として、閉めた際の衝撃音は必ず60dB付近の音を発生させます。このことはSCP-xxx-JP-1に精神的な解放感を与え、繰り返し味わうために日常生活おいても大きな音を発生させるような行動をとるようになります。SCP-xxx-JP-1自身にとって、この行動は違和感を感じず無意識下にありますが、他者による大きな音で不快に感じたり、SCP-xxx-JP-1の行動に対して指摘されると異常性がなくなります。SCP-xxx-JPは障害物などで完全に扉を閉めることができなかったときは衝撃音を発生させません。この場合はSCP-xxx-JP-1に当てはまらず、SCP-xxx-JPによる異常性は見受けられないことが判明しています。

このSCP-xxx-JP-1の異常性ですが、不要1であると認識している物を入れた状態で扉を閉めてから鍵を引き抜くまでの動作を行った場合、あるいはSCP-xxx-JPから取り出すまでに不要と認識を改めた場合にSCP-xxx-JP-1の異常性に加えて別の異常性を示します。この利用者をSCP-xxx-JP-2、最も不要であると認識した物をSCP-xxx-JP-3と分類します。SCP-xxx-JP-2はSCP-xxx-JPを利用したこととSCP-xxx-JP-3に対する全ての記憶を失い、思い出すことはありません。そしてSCP-xxx-JPは開口部内にあるSCP-xxx-JP-3を含む全ての物と利用した鍵が消失すると同時に、鍵穴に別の鍵2を出現させることによって新たに利用することが可能となります。消失した物についてはその後の行方を調査しましたが、依然不明のままです。

SCP-xxx-JPの利用後、SCP-xxx-JP-2は24時間以内に複数の材料でSCP-xxx-JP-3に準じたものを制作するようになります。このとき、材料は最低でも1つはSCP-xxx-JP-3と同じ構成を持つ物を使用します。制作はSCP-xxx-JP-2が納得するまで行い、完成品はその形状と制作過程に対して十分な達成感を与えます。制作終了後、SCP-xxx-JP-2は完成品に対して愛着を持ちますが、その後は興醒めしたように7日以内には制作したものを分類別に処分し、SCP-xxx-JP-2特有の異常性がなくなります。ただし、住民票に基づく住所のゴミ捨てルールに準じて利用した場合や開口部内を空の状態のまま扉を閉めて鍵を引き抜いた場合は、閉じた際の衝撃音の発生とSCP-xxx-JP-3と鍵が消失する以外はSCP-xxx-JPによる異常性が見受けられないことが判明しています。このことを受けて、回収部から硬貨を取り出すことができることもあり、ゴミ処理場として利用できないか検討中です。以下は実験記録です。

SCP-xxx-JP-2 SCP-xxx-JP-3 材料 完成品 備考
D-24575 りんご りんご、水あめ、竹櫛 りんご飴
D-24592 りんご りんご、竹櫛 トルネードりんご3 SCP-xxx-JP-3 そのものでなく、ひと手間加えて制作するようだ。
D-24587 りんご りんごジュース、赤の水風船、ゴム りんごジュース入りヨーヨー 制作はSCP-xxx-JP-2 の感性に関わるようだ。
D-24575 りんご なし なし D-24575が住む地域は月曜日が燃えるゴミの日として指定されていた。
D-24592 死んだヒヨコ 鶏肉、死んだヒヨコの皮 鶏肉を皮で包んだヒヨコ4 指定された材料以外で制作することを拒否された。

追記: 実験結果を受けてSCP-xxx-JPが発見された地域を調査を行ったところ、殺人容疑で逮捕されたSCP-xxx-JP-2と考えられる一般女性がいることが判明しました。その女性は20██/██/██にSCP-xxx-JPを利用してることが判明済みです。女性は常に錯乱状態であり、鎮静剤を投与することで多少の意思疎通が可能になります。以下のインタビューは財団が管理する病院内で行いました。

以下の事案記録への閲覧は担当管理者の許可が必要です。


ERROR

The jueebani's portal does not exist.


エラー: jueebaniのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4428576 ( 30 Jul 2018 10:56 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License