SCP-3XXX-JP

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP
オブジェクトクラス: Thaumiel
特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは製造拠点の一つであった、東京都███の地下に収容されています。現在この地域は、サイト-81██に偽装され、担当以外の職員には「比較的安全なオブジェクトの収容が行われている」というカバーストーリーを適用します。製造設備は複製したのち、要注意団体や白人至上主義者の悪用を防ぐために、イスラエル諜報特務庁本部、財団本部及び日本支部の地下倉庫に保管されます。また製造方法についてはSKクラスシナリオに対抗するため、財団本部及び日本支部のデータベースに保管されます。

SCPの特性上、世界中の文化・歴史を破壊しかねないため、一般市民に対しては「超古代インド料理と書かれたレトルトパックは毒入り食品である」とのカバーストーリーが制作され、「発見した場合は速やかに警察に通報するように」との指示を発表するよう各国政府およびECサイト運営者に要請がなされています。

SCP-XXXX-JPを食したもはSCP-XXXX-JP-1とされ、CまたはBクラスの財団職員として収容および採用を実施します。採用した職人には以下の措置が講じられます。

・現代印欧語1をコミュニケーション言語として使用する。
・生活支援目的で、定期的に音声認識機能の付いた高性能のスマートグラス、スマートフォンおよび最新機種のノートパソコンを数年おきに支給する。
・本人の性格、能力に基づき同世代の男女2づつの集団を組織する。任務や業務、物品の支給等はこの集団を単位に委任する形で行う。
・3か月に一度引っ越しのための補助が支給され、希望地への赴任を定期的に行う

説明: SCP-XXXX-JPは縦15センチ、横20センチ、高さ5センチの「超古代インド料理」と書かれたレーションパックです。箱の裏には「製造販売:マナによる慈善財団、監修:アンブローズ・レストラン」と書かれています。内容物は以下の通りです。

  • 牛および山羊の乳で作られたヨーグルトとチーズ
  • 蜂蜜酒
  • 小麦でできた平たいパンが2つ
  • リンゴなどの果物
  • 豚肉入りの豆スープ
  • 干し肉

SCP-XXXX-JPを完食した知的生命体は著しい知能と引き換えに、以下の効果が発現します。

  • 母国語の知識・文化・慣習を恒常的に喪失する。記憶処理においても回復修正することができない。
  • 印欧祖語2と推定される言語を第一言語として話すようになる。
  • 一つの地域に長期間定住をせず、遊牧民のように最小限の持ち物で定期的に住居を移動する生活を行うようになる。
  • 積極的、情熱的、陽気かつ強気で反骨な性格になり、上下関係、場の空気、権威に従うことを強く嫌う。
  • 記憶力と思考力、判断力、および歌唱力が大幅に増し、詩や歌で情報を伝えるようになる一方で、一切の読解能力を失う。アルファベット等の表音文字の読解能力は後天的に取得できる模様である。
  • 自動車、船舶、飛行機、列車等の輸送機器の操縦方法を取得する。
  • 大規模な階層型組織を嫌い、小規模な集団での行動を行うようになる。
  • 命令や慣習よりも、状況、考察、契約に従い行動するドライな性格に変化する。
  • 自らを「ヘリオス人3」と名乗る。
  • 政治的、社会的に非常に強いリベラル・リバタリアンの傾向がみられる。
  • SCP-272-JPSCP-3003等の精神汚染に強い耐性を持つ。

発見: SCP-XXXX-JPは慈善財団によるエージェントの通報に基づく調査によって、日本国愛知県名古屋市の███氏宅の部屋から大量に発見されました。本人及び勤務先の近しい社員はすでに当SCPの効果に暴露しており、英語、ポーランド語、ラテン語、現代印欧語で口頭にて事情聴取を行いました。

現場となった部屋からは以下のメモが発見されています。

これで自分もやっとヘリオス人になれるのか、非常にうれしい限りだ。日本人、いやこれからはムレッチャと呼ぼうか、あんな野蛮人のしがらみからついに解放されるときが来たのだ。アンブローズレストランとマナによる慈善財団を巧みな説明で懐柔しておいた甲斐があったようだ。
早く西欧諸国に移住したいなあ。日本人は非常に排他的、不寛容で、感情的、受動的な連中だ。こんなギスギスして息苦しい社会なんかに住みたくないね。大学出たらすぐに、欧米に出て、そこで働いて、現地で結婚できたらよかったのになあ。彼らは非常に寛容で陽気、とても合理主愚的だ。ヘリオス人の遊牧民は伝統的に核家族が多いから、エマニュエル・トッドの理論に基づくなら、親が威張り散らしてやりたい放題の直系家族で、上から押し付けの縦社会か同調圧力しか知らないmlecchaの日本人とちがって、無政府主義の考えが受け入れられるから、住むに最適すぎる。この料理を食べてさっさとヘリオス人にならなければ。

同様の現象は日本国外でも発生しており、インド共和国の北センチネル島内で島民が食していると思われる光景も確認されています。欧米諸国以外では現地で通常の社会生活を送れない事案も発生しています。関連する事案とし当SCPを食したと思われる数十人の群衆がドイツ国家民主党の本部を襲撃する事件が発生しています。
これらの報告からしばらくしたのち、複数のECサイトで通常販売されているが判明し、現在までに1000食以上が回収されています。またこの食品を食し効果が発現したものは、少なく見積もっても[編集済]人以上に上ることが判明しています。アメリカではIT関連の企業を中心に████社や███の幹部および技術者の間で複数の発現例が報告されています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Japanese_Ogre's portal does not exist.


エラー: Japanese_Ogreのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7095580 ( 18 Dec 2020 14:17 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License