磁子 (悪コン出展予定作品)

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
1

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその特異性により、サイト-8181の絶縁体2を使用した人型収容ユニットにSCP-XXX-JP-A,-Bは別々のユニットに収容してください。SCP-XXX-JP-A,-Bの収容室から半径10m以内に磁気記録媒体や金属を持ち込まないでください。また、ペースメーカーや人工内耳使用者など、体内に金属が存在するものは、決して、SCP-XXX-JPに近づかないでください。

説明: SCP-XXX-JPは2体の人型オブジェクト(それぞれSCP-XXX-JP-A,-B)です。SCP-XXX-JP-A,-B共に5〜6歳程度と思われる姉妹です。

SCP-XXX-JPは周囲の磁界を急激に変化させるという異常性を持っており、この異常性はSCP-XXX-JP-A,-Bが極度に興奮した際に発生します。3磁界変動の規模はSCP-XXX-JPの興奮度合に比例します。現在観測された最大磁束密度は█Tです。4

SCP-XXX-JPが異常性を認知した場合、収容違反が発生する可能性があります。そのためSCP-XXX-JPには、自身の異常性を認知不可能にするよう定期的に記憶処理が施されています。

SCP-XXX-JPは静岡県██市の原子力発電所の近くで原因不明の急激な磁界の変化が観測されたことが財団職員の目に止まって、収容されました。

SCP-XXX-JPの異常性は後天的なものであり、要注意団体によるもの、その他のオブジェクトによるもののどちらも視野に入れ調査しています。

補遺: インタビュー記録XXX-1

対象: SCP-XXX-JP-A

インタビュアー: ██研究員

付記: 異常性のため、姉と述べているAのみでインタビューを行うことになった。SCP-XXX-JP-A,-Bともに、██病による入院中というカバーストーリーを流布済み。

<録音開始, (20██/07/██)>

██研究員(以下研究員): やぁ、██5ちゃん。今日はね。君と妹ちゃんについてお話してもらいたいんだ。話してくれるかな?

SCP-XXX-JP-A: うん。でも、あんまり覚えてないこともあるから…。

研究員: そこは大丈夫だよ。君は僕の質問に答えてくれればいいいよ。覚えて無かったらわからないって言ってね。

SCP-XXX-JP-A: わかったー。

研究員: じゃあ、まず君たちはどうして、原発なんていうとこにいたんだい?

SCP-XXX-JP-A: ゲンパツって何?

研究員: あぁ。ごめんね。わからないよね。僕たちと出会った場所のことだよ。

SCP-XXX-JP-A: あの原っぱのこと? 私達あの辺のおうちに住んでたからだよ。

研究員: おうち? あんな原っぱの近くに?

SCP-XXX-JP-A: うん! おうちはすごいんだよ! おうちは土の中にあって、おうちのなかには、おっきなロボットとか変な色したお薬がいっぱいあったんだ。すっごいカッコよかったの。アニメとかで、出てきそうだったの。

研究員: そうなのかい。そこで、大人とかお友達はいたのかい?

SCP-XXX-JP-A: うんとね。お姉さんとかとよく遊んだよ。でもいつもは、なんか、暗いとこに妹ちゃんと一緒にいたから少し寂しかった。大人の人はいろんな変わった人がいた。なんか着ぐるみの人もいたー。

研究員: 大変だったね。でももう大丈夫だからね。君たちを暗いとこに入れちゃった悪い人たちは僕たちがやっつけるからね。

SCP-XXX-JP-A: うん!


<録音終了>

終了報告書: SCP-XXX-JPの異常性は人為的かつ後天的らしい。

追記: 以下はこのオブジェクトの首すじにつけられていた生体タグに書かれていた内容です。

日本生類創研 試作番号T-025 

現在このオブジェクトの詳細情報は制限されています 閲覧する場合はセキュリティクリアランス4以上を提示してください

職員コード
パスワード


ERROR

The Isurafiru's portal does not exist.


エラー: Isurafiruのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="content"]]

  1. portal:isurafiru ( 02 Jun 2018 10:44 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License