黄泉入り

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8181の物品保管ロッカーに保管してください。3ヶ月に1回、必ず虫干しを行い、防虫剤を入れ替えてください。この一連の作業は、必ず性同一性障害を持たない男性職員を用いて下さい。なお実験の際を除き男性の性同一性障害者と女性は入室しないでください。現在実験は無期限で凍結されています。全ての男性の性同一性障害者と女性はSCP-XXX-JPの収容室に入室することは禁じられています。万が一SCP-XXX-JPが活性化した場合、即座にSCP-XXX-JPを回収するために当該地域へ機動部隊よ-3(黄泉醜女)が出動します。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を持った白無垢の着物です。

SCP-XXX-JPは恋愛状態の女性1や既婚女性が視認した際に活性化し、異常事象が開始します。この際、SCP-XXX-JPを視認していた女性(以下SCP-XXX-JP-1)は、唐突に「この白無垢を着なくてはならない」という強迫観念にとらわれます。そして、SCP-XXX-JPを着用すると必ず島根県松江市東出雲町の黄泉比良坂付近の大岩より、必ず出自不明の祝詞が奏上されます。

内容は以下の通りです

冥王たる我が御名以て
因幡の大穴の  黄泉比良坂に 
穢封じ給う為に生坐せる  道反の大神等よ
我 黄泉を司りし者
我 望むは妃の到来
千引きの石 開き給え 黄泉比良坂 通し給え 
と申す事の由を
██神 ██神 八百万の██神等共に
聞こし食せと 畏み畏みも 白す 

この祝詞が奏上された後、SCP-XXX-JP-1に対して、大岩への未知の引力が発生します。この引力の強度は経過時間に比例します。現在SCP-XXX-JP-1の拘束の維持に成功した事例は、拘束具については原因不明の崩壊を起こし、拘束者については後述する不可視の壁に阻まれるため報告されていません。

SCP-XXX-JP-1が大岩の半径100m以内に到達すると、大岩が上昇し、内部の異常空間(以下SCP-XXX-JP-2)が露出します。露出部分からはHF2が噴出しています。この状態のSCP-XXX-JP-2への侵入は、不可視の壁に阻まれるためSCP-XXX-JP-1を除き不可能です。そのため、SCP-XXX-JP-1の生死は不明です。SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JP-2に吸い込まれると、SCP-XXX-JPが再出現します。こうして一連の異常事象は終了します。

SCP-XXX-JPは、異常事象が発生している当該地域での、行方不明者が異常に多発したことが財団の目に止まり、回収されました。SCP-XXX-JPは必ず当該地域にのみ出現します。しかし、当該地域の封鎖のみに限定した場合、視認を防ぐための記憶処理、要注意団体対策などが、不十分となり収容違反に繋がる可能性があるという問題が浮上しました。そのため現在の回収を含めた特別収容プロトコルが適用されています。

補遺: 以下は初回収時にSCP-XXX-JP-1-5の婚約者の佐藤██氏に対して行われたインタビュー記録です、

対象: 佐藤██氏

インタビュアー: 八雲博士

付記: 佐藤██氏には、カバーストーリー「行方不明者捜索の為の事情聴取」を適用しています。このインタビュー終了後、対象にはAクラス記憶処理を施し解放しました。

<録音開始, (20██/10/09)>

八雲博士: では早速ですが、██さん3がいなくなった後なにか変わったことがあったそうですね。何があったんですか?

佐藤氏: 最近居なくなった彼女の声や奇妙な音が聞こえるんです。まるですぐ近くにいるように。

八雲博士: それを他の人に話したりしましたか?

佐藤氏: 話しましたが、まともに取り合ってくれる人などいませんでした。そんな時に貴方達が来たんです。

八雲博士: なるほど。その音や声と言うのはどのようなものだったんですか?

佐藤氏: 居なくなった次の日の朝でした。彼女の叫び声が聞こえました。「イタイ イタイ イタイ」って。それとともに何か肉が溶ける音が聞こえました。「シュー」とした音だったと思います。

八雲博士: これ以外に聞こえたことはありませんでしたか?

佐藤氏: ありました。。ちょうど昨日に前とは違った彼女の声が聞こえました。居なくなる前に聴いた、穏やかで優しい声でした。その声で「あと1週間後にあの大岩が開くわ。待っていて。貴方がそこに居れば私は戻れる。よみがえれるの」と言われました。

八雲博士: では貴方は6日後大岩の前に行くつもりなのですか?

佐藤氏: もちろんです。もう一度彼女と会えるかも知れませんから。例えこの体が腐ってでも彼女に会いに行きます。

八雲博士: そうですか。ご協力ありがとうございました。これにて、録音を終了します。

<録音終了>

終了報告書: > 一週間後、彼を大岩に近づけるのは危険と思われる。あの一日だけでも大岩を閉鎖できないだろうか。


ERROR

The Isurafiru's portal does not exist.


エラー: Isurafiruのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:isurafiru ( 02 Jun 2018 10:44 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License