黄泉入り

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8181の物品保管ロッカーに保管してください。3ヶ月に1回、必ず虫干しを行い、防虫剤を入れ替えてください。この一連の作業は、必ず性同一性障害を持たない男性職員を用いて下さい。なお実験の際を除き女性と男性の性同一性障害者は入室しないでください。現在実験は無期限で凍結されています。全ての女性と男性の性同一性障害者はSCP-XXX-JPの収容室に入室することは禁じられています。SCP-XXX-JPが活性化した場合、即座にSCP-XXX-JPを回収するために当該地域へ機動部隊よ-3(黄泉醜女)が出動します。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を持った白無垢の着物です。
SCP-XXX-JPは恋愛状態の女性1や既婚女性が視認した際に活性化し、異常事象が開始します。この際、SCP-XXX-JPを視認していた女性(以下SCP-XXX-JP-1)は、唐突に「この白無垢を着なくてはならない」という強迫観念にとらわれます。そして、SCP-XXX-JPを着用すると必ず島根県松江市東出雲町の観光名所である黄泉比良坂付近の大岩より、必ず未知の祝詞が奏上されます。

冥王たる我が御名以て
因幡の大穴の  黄泉比良坂に 
穢封じ給う為に生坐せる  道反の大神等よ
我 黄泉を司りし者
我 望むは妃の到来
千引きの石 開き給え 黄泉比良坂 通し給え 
と申す事の由を
██神 ██神 八百万の██神等共に
聞こし食せと 畏み畏みも 白す 

この祝詞が奏上された後、SCP-XXX-JP-1に対して、黄泉比良坂への未知の引力が発生します。この引力は経過時間に比例して大きくなっていきます。現在SCP-XXX-JP-1の拘束を維持した事例は、拘束具が原因不明の影響を受け崩壊するため確認されていません。SCP-XXX-JP-1が大岩の半径100m以内に到達すると、大岩が上昇し、内部の異常空間(以下SCP-XXX-JP-2)が露出します。この状態のSCP-XXX-JP-2への調査を試みたところ、機械類は原因不明の酸化が始まり機能が停止しました。SCP-XXX-JP-1以外の生物は不可視の壁に阻まれ、SCP-XXX-JP-2に到達できませんでした。そのため、SCP-XXX-JP-1の生死は不明です。SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JP-2に吸い込まれると、SCP-XXX-JPが再出現します。こうして一連の異常事象は終了します。

SCP-XXX-JPは、事象が発生している当該地域での、行方不明者が異常に多発したことが財団の目に止まり、回収されました。SCP-XXX-JPは必ず当該地域にのみ出現します。しかし、当該地域の封鎖のみに限定した場合、視認を防ぐための記憶処理、要注意団体対策などが、不十分となり収容違反に繋がる可能性があるという問題が浮上しました。そのため現在の回収を含めた特別収容プロトコルが適用されています。

補遺: 以下は初回収時にSCP-XXX-JP-1-5の婚約者の佐藤██氏に対して行われたインタビュー記録です

対象: 佐藤██氏

インタビュアー: 八雲博士

付記: 佐藤██氏には、カバーストーリー「行方不明者捜索の為の事情聴取」を適用しています。それに加え、このインタビュー終了後、対象にはAクラス記憶処理を施してあります。

<録音開始, (20██/10/09)>

八雲博士: では早速ですが、貴方と██さん2に何があったのか教えていただけますか?

佐藤氏: はい。あれはちょうど1ヶ月程前でした。2人で婚前旅行も兼ねて、2泊3日で出雲に来ていてその3日目でした。黄泉比良坂に着くと、人が多く、名所で有名な大岩までは行けそうもなかったので、森を回っていこうと彼女は言い出しました。今思えば、あそこで止めておけばこんなことにはならなかったのに。

八雲博士: そのあとに、SCP-XXX-JPを見つけたのですか?

佐藤氏: はい。あの不気味な白無垢のことですよね? あれはあともう少しで大岩に着く時でした。急に強い風が吹いて、一緒に何か白いものが飛んできたんです。はじめは大きなビニール袋が飛んできたのだと思っていましたが、彼女はそれが白無垢だと気づき、興味をもって、私の手を強く引いて見に行きました。そうして、その白無垢を見た途端「着たい」と彼女が言い出し、止める間もなく着てしまったのです。すると、彼女は大岩の方に引っ張られ始めました。なんの力かはわかりません。けれど、確かに彼女は引っ張られてました。慌てて私は彼女の手を握って止めようとしました。しかし、引っ張る力はどんどん強くなりました。そうして、どんどん私達はあの大岩の方に近づいていきました。

八雲博士: なるほど。そのあとどうなりましたか?

佐藤氏: あの大岩が見えてくるといきなり私は見えない壁にぶつかりました。比喩ではないんです。本当に見えない壁があって、それのせいで、それのせいで、それのせいで、畜生!

八雲博士: 佐藤さん落ち着いてください。彼女はどうなったのですか?

佐藤氏: ああ、すいません。そうして、あの憎い壁の中で、大岩が動き始めたのです。その中に彼女は引き込まれました。そうして、そこには、何故かわかりませんがあの白無垢が落ちていました。

彼女を見つけてください。お願いします。あのとき最後に見た彼女の顔が今でも忘れられない。貴方達にとっては、多数の行方不明者の中の一人だと思いますが、私にとって彼女はたった一人の愛しい人なんです! どうか、どうか、お願いします。

八雲博士: はい。現在、全力で██さんを捜索しています。もう少しお待ちください。他に、変わった点はありませんでしたか?

佐藤氏: 確かなかったと思います。あ、でも、彼女がいなくなった後、大岩にお参りに来ていた女の子が急に倒れて周りが大騒ぎになってましたね。あとは、なぜか周りに甘いザクロの匂いがしていたことぐらいですかね? 

八雲博士: ありがとうございました。録音を終了します。


<録音終了>

終了報告書: 概ね、今まで通りの結果だったが、最後の臭いと女児の意識混濁が気になる。調査が必要かもしれない。

追記1: SCP-XXX-JP-1-5の消失直後に「黄泉比良坂付近で何かが異常な音を立て破裂した」との通報が警察に相次ぎました。これを察知した財団が、SCP-XXX-JP-1-5との関連のある事象として周辺調査を実施したところ、ザクロの実が6~7個程度破裂した形跡とザクロの種子で構成される文章を発見しました。
以下はその文字列を書き起こしたものです。

愛してる  
 死が二人を分かつとも
   忘れないから
    

         今逝くね


ERROR

The Isurafiru's portal does not exist.


エラー: Isurafiruのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:isurafiru ( 02 Jun 2018 10:44 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License