SCP-XXX-JP 仏花

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x
flower-yellow-chrysanthemum-in-a-vase.jpeg.jpg

回収されたSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 現在、SCP-XXX-JPはサイト-████の低危険物保管庫に収容されています。SCP-XXX-JP-1はサイト-████の特異性被爆者保護施設にて保護されています。職員はSCP-XXX-JPの特異性の発生を防ぐため、定期的にSCP-XXX-JP-1と面識のない職員と交代してください。

説明: SCP-XXX-JPは一般的な見た目の花瓶とそこに活けられた一輪の菊(Chrysanthemum morifolium)の花です。
SCP-XXX-JPは現在日本国内で運営されている小中高等学校の普通教室に存在する生徒用机の上に出現するという特異性を持ちます。
現在までにSCP-XXX-JPが上記の条件以外の机上に出現したという事例は現在まで確認されていません。
SCP-XXX-JPの出現した机の使用者をSCP-XXX-JP-1と呼称します。
SCP-XXX-JPは上記の特異性に加え、SCP-XXX-JP-1の周囲の人間に、無視、罵詈雑言、恐喝や暴力行為などのいわゆる「いじめ」を誘発させる特異性を持ちます。これらはSCP-XXX-JP-1が自死するまで続きます。
現在保護中のSCP-XXX-JP-1を除く、確認された全てのSCP-XXX-JP-1は死亡が確認されています。
SCP-XXX-JP-1の死亡後、SCP-XXX-JPは即座に消滅し、再び条件に則した机の上に出現します。
SCP-XXX-JPは██県██市██高等学校にて発生した「いじめ」とその際に自死が確認されたSCP-XXX-JP-1によって書かれた日記(記録XXX-JP『汚れた日記』参照)からその存在が確認され、その後再出現が確認された██県██市██小学校にてSCP-XXX-JPの収容に成功しました。また、その際のSCP-XXX-JP-1をSCP-XXX-JPの再出現を防ぐために保護しました。
現在保護されているSCP-XXX-JP-1の親族にはカバーストーリー「寮制の学校への転校」の流布が行われています。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The IREMIA's portal does not exist.


エラー: IREMIAのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5323004 ( 05 Nov 2020 07:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License