SCP『夏休み財団なんでも相談室』草案

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png

SCP-XXX-JP

注:現在表示されているのはプレビューです。
保存せずにページを離れた場合、変更は適用されません。
(変更箇所は青色で表示されます)









アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-Aはサイト-81AMの異常性電子データ専用媒体にアーカイブされたものを除き、Web走査botおよび財団AIのATLS-23"CHIHAYA"によって発見、無力化されます。


説明: SCP-XXX-JPは財団SCiPNETフォーラム上の質問カテゴリに投稿された「夏休み財団なんでも相談室」というタイトルのスレッドです。SCP-XXX-JPの本文には、情報災害性を有する質問(SCP-XXX-JP-Aに指定)が含まれています。この情報災害性は「強制力」および「反ミーム性」の2つの異常性により成立しています。

第1の異常性により、SCP-XXX-JP-Aの内容を認識した人間(以下、被害者)は「質問に回答しなければならない」という強迫観念に囚われます。被害者は食事、睡眠、排泄といった最低限の活動すら自発的に行わなくなり、SCP-XXX-JP-Aに対する何らかの回答を導出するためにのみ行動します。これには他者へ同内容の質問を行うことも含まれますが、この質問もSCP-XXX-JP-Aとしての情報災害性を獲得します。

第2の異常性は被害者がSCP-XXX-JP-Aに対する回答を導出し、データ入力、口頭、筆記等の手段を問わず、質問者(SCP-XXX-JP投稿者または被害者)に返答しようとした際に発現します。被害者は数秒間、軽度の頭痛および眩暈を催した後、その内容を忘却します。いずれの異常性も、記憶処理によって除去する試みは全て失敗しています。

SCP-XXX-JPは2018/08/██の22:32:41に投稿され、2018/08/██の07:00までに少なくとも[編集済]人がSCP-XXX-JP-Aに曝露、間接的に発生した事故により████人が死傷1したものと考えられます。詳細は事案記録XXX-JPを参照してください。

事案記録XXX-JP

発生日時 内容
2018/08/██ 22:32:41 SCP-XXX-JPが投稿される。
2018/08/██ 22:33:09 SCP-XXX-JPへの最初のアクセスが記録される(最初のSCP-XXX-JP-A被害者の発生)2
2018/08/██ 23:15:35 SCiPNETのプライベートメッセージにSCP-XXX-JP-Aが記録される。
2018/08/██ 09:30頃 複数のサイトにおいて職員の無連絡の遅刻が指摘されるが、いずれも呼び出しに応じず。
2018/08/██ 13:00~15:00 無断遅刻の職員(被害者)が拘束され、尋問が実施される。被害者は一切の質問に応じず、逆にSCP-XXX-JP-Aを質問したため、尋問官が異常性に曝露。
2018/08/██ 15:30頃 情報災害部門が調査に着手。
2018/08/██ 17:00 これまでに、既知のオブジェクトの収容違反、または外部からの攻撃は確認されず3。被害者のSCiPNETアクセス記録から、フォーラムを起源とする未知の情報災害である可能性が濃厚となる。本件をSCP-XXX-JPに指定。一部を除き、SCiPNETおよび外部インターネットへの接続を遮断。日本支部全職員に対し「情報災害警報-レベル3:警戒」を発令。
2018/08/██ 17:03 SCiPNETを通じてSCP-XXX-JP-Aに曝露した全被害者を特定。このうち、サイト外で情報収集活動にあたっていたフィールドエージェント1名と連絡が取れないことが判明。情報災害警報をレベル4:緊急に1段階引き上げ。
2018/08/██ 17:39 SCP-XXX-JP-Aに曝露したエージェントを███県内にて拘束。
2018/08/██ 19:00 SCP-XXX-JP-Aに曝露した全職員の拘束、隔離を確認。情報災害警報をレベル3:警戒に1段階引き下げ。
2018/08/██ 19:20 上記エージェントからSCP-XXX-JP-Aに曝露した民間人5名を拘束。うち1名が「Twitter」にSCP-XXX-JP-Aを投稿していたことが判明。オブジェクトクラスをKeterに分類。情報災害警報をレベル4:緊急に1段階引き上げ。特別収容プロトコルの改訂。
2018/08/██ 19:22 Twitter他、複数の大手SNSに対する遮断工作を実施、カバーストーリー「技術的な問題」を適用。Web走査botによるSCP-XXX-JP-Aの発見、削除を開始。
2018/08/██ 20:00 全国各地で、SCP-XXX-JP-A曝露によるとみられる交通事故が多発するなど、混乱が広がっていることが判明。特に大都市圏では、帰宅ラッシュ時の街頭や店舗、公共交通機関など人が密集する場所において、SCP-XXX-JP-Aが口頭により不特定多数へ伝達され、爆発的に拡散している。テレビ、ラジオ等メディアへの報道統制を実施4
2018/08/██ 21:00 本部および海外支部より、英語、中国語、ハングル等に翻訳されたSCP-XXX-JP-Aが拡散しているとの情報が齎されている。特別収容プロトコルの改訂。
2018/08/██ 21:05 O5評議会より緊急事態宣言が発令。日本支部理事会へSCP-XXX-JP-Aの可及的速やかな無力化命令が下される。
2018/08/██ 21:10 情報災害、ミーム、反ミーム各部門のセキュリティクリアランスレベル3以上の職員で結成されるプロジェクト・フラガラッハ5が発足。
2018/08/██ 21:15 SCP-XXX-JP-A内のただ1つの単語からでもSCP-XXX-JP-A全体を類推した時点で、異常性に曝露することが判明。SCP-XXX-JPの本文を視認することを完全に避けた上で、適当な文章を回答として返信する提案がなされる。
2018/08/██ 21:16 SCP-XXX-JPに対する最初の返信が投稿される。効果無し。
2018/08/██ 21:19 プロジェクトメンバーの稲森博士6より、財団AIの投入が提案される。
2018/08/██ 21:31:02 国産財団AIのATLS-23"CHIHAYA"がSCiPNETに接続、SCP-XXX-JPに対して███件/秒の返信を開始。
2018/08/██ 21:31:58 "CHIHAYA"が「反ミームのパン」と回答を返信7
2018/08/██ 21:31:59 上記返信にSCP-XXX-JP投稿者が「それです!その答えを待ってました、スッキリしました!ありがとうございます!!」と返信。
2018/08/██ 21:32:09 SCP-XXX-JPがフォーラムから削除されたことが確認される。一連の投稿はどのログファイルにも記録されておらず、データベースにも当該レコードは一切存在していない。
2018/08/██ 21:35 曝露した職員に対し、"CHIHAYA"の回答を伝達。全員が異常性から脱したことが確認され、情報災害警報をレベル2:注意に2段階引き下げ。SCP-XXX-JP-Aの内容および曝露中の出来事を記憶している者は1人もいなかった。
2018/08/██ 22:00 インターネット遮断措置および報道統制を解除。あらゆるメディアを通じて"CHIHAYA"の回答およびミーマチック記憶処理を拡散するとともに、機動部隊の出動による個別事案の対応を開始。
2018/08/██ 07:00 SCP-XXX-JP-Aの拡散が1時間以上確認されていないことから、緊急事態宣言を解除。情報災害警報をレベル1:監視(平常時)に1段階引き下げ。特別収容プロトコルを現行版に改訂。

プロジェクト・フラガラッハのメンバーが確認したSCP-XXX-JPの投稿者名は「雨里」、所属はサイト-81AMとのことですが、そのような職員の記録は人事を含むどのデータベースにも無く、サイト-81AMも存在しません89


ERROR

The inemurik's portal does not exist.


エラー: inemurikのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:inemurik ( 26 Jul 2018 14:06 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License