ガルーダ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは女性のヒト(Homo sapiens)に変異する事で人類へ擬態するカマキリ(Mantodea)です。擬態中の生活史は通常の人間と差異が無く、高い社会性を保有します。闘争本能或いは生存本能を発現した場合のみ擬態を解除し、体長2m程度のハラビロカマキリ(Hierodula patellifera)に似た外見的特徴を持つ実体を顕にします。

SCP-XXX-JPは男性のヒトと性交する事で、ヒトの胎児を受胎します。胎児が男性だった場合は特に異常なく出生されますが、胎児が女性であった場合は、SCP-XXX-JPの幼体がハラビロカマキリの姿で200体から300体程度出生されます。幼体のSCP-XXX-JPはハバヒロカマキリと同様の生活史を保有します。SCP-XXX-JPは成長した際にヒトに擬態し、女性のヒトに接近し捕食します。その後、捕食した女性へ擬態しなおす事でその女性に成り代わります。

SCP-XXX-JPは上記の生殖プロセスを遂行するため男性のヒトへ接触します。特筆すべき点として、選定される男性には、農家や漁師などの業種に就労している人物である傾向があります。これには、女性不足の社会に入り込む事で生存を容易にする目的がある他、後述する異常性を遂行するために本能的に男性を選出したいると考えられています。また

多くの場合SCP-XXX-JPは無数のSCP-XXX-JP-Aに寄生されており、接吻や性交など多岐にわたるプロセスを経てヒトの男性にSCP-XXX-JPーAを感染させます。SCP-XXX-JP-Aはハリガネムシ(Gordioidea Rauther, 1930)に類似する外見と生活史を持つ実体です。通常のハリガネムシと異なる点としてヒトを終宿主としている点や、海水での生活が可能である点が挙げられます。他のハリガネムシ同様宿主を操る能力を持ち、SCP-XXXーJP-Aは周辺地域が台風などに罹災した際に宿主の脳に対しタンパク質に類似した生活活性物質を注入する事で水辺に誘導し、宿主を溺死させた上で、宿主の眼孔から脱出し交尾や産卵を行います。発見当時は中間宿主が不明であり、感染経路が判明していませんでしたがSCP-XXX-JPの発見により生活史が解明されました。

補遺: ████年█月█日の██県██村にて、人類に対して敵対的な異常実体が発生し、近隣住民が攻撃されるインシデントが発生しました。この異常実体は闘争本能を発現したSCP-XXX-JPにより殺害されており、財団機動部隊が現地に到着する前にインシデントは鎮圧されました。インシデントを鎮圧したSCP-XXX-JPは、財団到着後自殺しています。以下は自殺したSCP-XXX-JPの夫であった山村 啓介氏へのインタビュー記事です。


ERROR

The indonootoko's portal does not exist.


エラー: indonootokoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:indonootoko ( 20 Jul 2018 11:22 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License