SCP-JP下書き EYLE Candy

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは食品冷蔵ロッカーへ保管します。拘留中の影響者及び職員は別な特別収容プロトコルやサイト規約の接触が無い限りにおいて、通常の食事プランに加えてフレーバー入りチューインガムが支給されます。

説明: SCP-XXX-JPは『ELYE Candy』として様々な小規模健康食品メーカーからの提供として偽装され、北アメリカ、EU圏、日本を含む東アジア4カ国で発見された禁煙用、およびダイエット用ドロップです。SCP-XXX-JPの成分解析では香料を含まない非異常性のキャンディ製品と同様であり異常な元素、化合物、禁煙用キャンディに一般的な成分は発見されませんでした。SCP-XXX-JPのパッケージには4週間以上継続的に服用するよう記載されています。

SCP-XXX-JPを摂取した被験者1は約6時間程持続する味覚の麻痺を主張します。味覚を構成する要因となる複合的な感覚(痛覚や温覚、嗅覚等)は摂取前と同様に機能すると確認されましたが、それらを味覚として認識出来ないと主張します。幾つかの不都合にもかかわらず被験者は味覚の消失によるストレスを意識していないことは特筆するべきです。これは副次的な特性の発現である可能性があります。

主張の裏づけの為実施されたCTスキャンではSCP-XXX-JPを摂取した被験者の大脳皮質の一部が本来の味覚の体験とは関係なく長時間活性化されていることが確認されています。この結果はおそらく血流量の増加ではなく、後述のSCP-XXX-JP-1が局地的に通過していると予想されていますが、現状ではその性質によって確認することは不可能な為、予測を実証することは出来ません。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPを継続的に摂取した被験者の遺体から発見される過剰なグルコースと塩水、メルブロミンです。採取された際には変則的な特性は無いものの、被験者の生存中は大脳皮質の血管内で生成と消失を常時継続しつつ流れていると仮定されています。血液やケーブル等の物体がSCP-XXX-JP-1の生成・消失点を通過した場合、それらはSCP-XXX-JP-1内で消失しもう一方の生成・消失点の外側で再出現します。SCP-XXX-JP-1の性質によって被験者が健康被害を受けることはありません。

SCP-XXX-JPを4週間以上継続的に摂取した被験者は前述の特異性が永続化し、加えて不随意に10~60秒ほど継続する幻味2を経験します。その頻度は時間経過によって増加し、おおよそ7日前後程で永続化します。

記憶処置を用いた治療を含め、現在この効果を永続的に消失させる手段は確認されてません。一時的に消失させる唯一の手段は風味を有する物質の摂取のみです。そのため拘留された影響者の多くが喫煙の再開、過食、異食の常態化、ソフトドリンク等の過剰摂取による高血糖の症状を抱えてました。


ここから下は補足説明

何これ

大脳皮質に流れる流体は異常な物質を[そこなら有り得そうだなと思える任意の場所]から輸送する為の管のようなもので、塩水やグルコースはその輸送の結果生じた副産物です。その異常な物質は人間の味覚の認識を反転させるように脳を作り変える効果があり、その結果キャンディーを食べ続けた人物は「無の味」を認識するようになります。その為最終的にはダイエットとは真逆の行動を促進させてしまうにもかかわらず、販売元[あなたの好きな集団を入れてください]は意図的、もしくは非意図的にこれをダイエットキャンディーとして販売しています。

批評用メモ

特に気になる点は赤字で表現しています

気になってる表現

  • 全体的に味覚の原理や表現が適切かどうか(特に「味覚を構成する要因となる複合的な感覚(痛覚や温覚、嗅覚等)は摂取前と同様の機能を維持すると確認されていますが、それらを味覚として認識出来ないと主張します」や「風味を有する物質」等)
  • 「主張の裏づけの為実施された…」以降のCTスキャンの説明(血流量などの解説)は合っているのか
  • 根本的な問題として、性質が「消失する」だけなのでありきたりで退屈では無いか。それに付属するモチーフや現象に面白みがあるのか

*|「主張します」のような同じ単語の繰り返しがが多い気がする

  • 特別収容プロトコルは(表現を含めて)適切かどうか

どうでもいい事柄

  • 販売元を表記してないのも黒塗りも検閲も無いのも全部面倒臭いからバックストーリーの付属に自信が無いからです
  • SCP-XXX-JP-1の存在はSCP-XXX-JPを物理的現象として収容させる&無味を「取得」していることを表すための舞台装置
  • 最後の表記はリバウンドの皮肉として読まれる事を意図しているが本気ではなく、ガムという対応が明記されていることも含めた下らないジョークダイエットキャンディーとして設定されていた時代の残骸
  • 元ネタは1920年代の『ラッキー・ストライク』の広告フレーズ「これを吸うとどんなに甘い食べ物を食べても太らないのよ'Light a Lucky, and you'll never miss sweets that make you fat'」と、実在した食欲減退キャンディーの『AYDS CANDY(AIDSと同音だったせいで売れなかった)』から

ERROR

The iknowsupahacka's portal does not exist.


エラー: iknowsupahackaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:iknowsupahacka ( 09 Jun 2018 02:31 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License