それは宝物のように大切な存在で

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号 SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの観察対象以外1との接触を遮断する為、その施設の周囲100メートル圏内、海側は500メートル圏内(これはCP-XXX-JPが海のこの辺りから現れるのが確認されている為)は監視カメラなど24時間、侵入者及び逃亡者などの異変がないか昼夜問わず監視して下さい。とくにSCP-XXX-JPの現れる期間は海側への監視を厳重にしてください。
観察対象となる接触者(入居者)は一般人から希望者を入居者として収容し、年齢2・施設内の規則3の確認をした後、入居者本人4の承諾を得て契約してください。契約書・入居者の記録は厳重に保管してください。万が一、途中で施設を退去したいと申し出た場合その契約書を元に拒否することができます。
入居者、死去者の人数の管理5・保護は決まりに従って厳重に行われることを徹底してください。如何なる例外も許可しません。
もし、施設からの逃亡者が出た場合は迅速にエージェントを派遣、捜索・発見の後、保護してください。逃亡者と逃亡中に関わったと思われる人物全員に記憶処理をおこなってください。

説明: SCP-XXX-JPは徳島県██市にある███海岸近くの場所に建てられた介護型ケアハウスに毎年一定の期間(8/12〜15)海からやってきます。███ホームはごく普通の老人ホームでしたが、19██年の新聞の投稿欄に『幸せな最期を迎えられる園』と言う見出しで紹介された事より入居者が徐々に増え、『入居待ちの大人気老人ホーム』として小規模ではありますが一時期注目を集めました(入居希望者が絶えない為、この時点で入居人数を固定)。その後、養護型ケアハウスに形態を変えました。しかし新聞に投稿記事が載った█年後、週刊誌で『入居者がある一定の期間で死去するケアハウス』という記事が載り、今度はTVにも取り上げられるなど話題が大規模に広まり、財団の感知するところとなりました。そのことにより「何らかのオブジェクトが関係している、もしくはその施設自体がオブジェクトなのではないか」という██博士の報告書により20██年に福祉の士資格を持っているDランク職員を養護福祉士として派遣することになりました。

以下、視察に訪れた██博士と福祉士(D-12941)と録音音声。

付記: 施設敷地内の海辺にて録音の為、後半海風で聞き取りにくい箇所があります。


その█年後(20██/8/15)、██博士が死去。死因に不自然な点は見あたらず、博士が上記の録音後から亡くなるまでの期間は施設の入居者と同じ期間でした。

以下、施設訪問から帰って来た博士の個人PCの中に残っていた日記からの抜粋。


この博士の日記により、SCP-XXX-JPの容姿パターンや現れる具体的な期間、死に至るまでの期間の確定ができました。

以下、福祉士(D-12941)の報告書より抜粋。

付記: 入居者それぞれに聞いたまま書き留めているらしく、書き方にばらつきがあります。


追記: ██博士の死後、引き続き調査を続けている福祉士(D-12941)の調査によりSCP-XXX-JPは人によって容姿の異なることが判明しました。
██博士の死亡後、助手の████の事情聴取ではエージェントに「博士の部屋に入ったとき、遠くで海の音が聞こえた」とも助手は語ったと記されており、これらの報告により『SCP-XXX-JPは日本におけるお盆に海からやって来て接触した者の魂を3年後に海へ攫ってしまうのではないか』と推測されます。
今も調査は続行されています。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The iccho's portal does not exist.


エラー: icchoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3666824 ( 04 Oct 2019 03:11 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License