SCP-XXXX-JP 浮かぶ大地

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Archon(潜在的Thaumiel)

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の低脅威度物品保管庫内に衝撃吸収材に梱包された状態で保管されます。

SCP-XXXX-JPは研究用ストックを除き収容されません。何らかの理由でSCP-XXXX-JPが回収された場合、回収されたSCP-XXXX-JPは発見場所付近または地下12000mに破棄されなくてはいけません。SCP-XXXX-JPを用いた実験はラピュータ・プロトコル参加職員にのみ限定的に許可されています。

SCP-XXXX-JPと接触した鉱山や洞窟は発見次第封鎖し、関係者にはクラスA記憶処理を施した後に適切なカバーストーリーを流布してください。また、民間によるSCP-XXXX-JPに関するいかなる記事や論文も速やかに削除または廃棄し、関係者及び閲覧者にはクラス-A記憶処理が施されます。

現在、SCP-XXXX-JPの生成方法の確立が最優先事項に指示されています。研究用ストックの収容場所や取扱方法、及びラピュータ・プロトコルの詳細はラピュータ・プロトコル参加職員以外には秘匿されます。ラピュータ・プロトコル参加職員はSCP-XXXX-JP担当主任より開示される資料を確認の上、研究を行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは地球の地殻内部にのみ存在が確認されている赤紫色かつ半透明の六方晶系の結晶です。SCP-XXXX-JPは██種類の既知の元素とIUPAC1で認定されていない3種類の未発見元素(各元素の陽子数は███、███、███)によって構成されており、これら未発見元素の極端に短い半減期とSCP-XXXX-JP自体の非常に複雑な分子構造故に現存するあらゆる技術を用いても生成は不可能です。このため現在までに発見されているSCP-XXXX-JPは全て自然由来であり、SCP-XXXX-JPがどのようにして自然生成されたかは不明です。なお、SCP-XXXX-JPに含まれる全ての元素はSCP-XXXX-JP中においては本来の性質にかかわらず放射性崩壊を引き起こさないことが判明しています。

SCP-XXXX-JPは不明なメカニズムによってエネルギーを無尽蔵に生成し、生成されたエネルギーの一部を内部に留める性質を有しています。SCP-XXXX-JPが単位時間ごとに生成するエネルギー量はSCP-XXXX-JPの質量に応じて指数関数的に増加します。通常時、SCP-XXXX-JPの質量に比例するだけのエネルギー量がSCP-XXXX-JP内に留まり、余分なエネルギーは重力に対して負の方向へ向かう運動エネルギーとして変換及び放出されます。これにより、SCP-XXXX-JPはある一定の質量に達すると重力と釣り合い、その質量を超過すると重力の反対方向へと上昇するように振舞います。SCP-XXXX-JPが単体で重力と釣り合う質量は地球上では██.██g2です。なお、無重力またはかかる重力が極端に弱い空間内では発生する運動エネルギーはSCP-XXXX-JPの中心から外側へ向かって放出されるため、SCP-XXXX-JPは膨張し続け最終的には自ら破壊されます。

SCP-XXXX-JPは何らかの物理的衝撃によって損傷または破壊された際に、エネルギーの生成と運動エネルギーへの変換を停止し、残存するエネルギーを熱エネルギーとして放出します。この際に発生する単位時間ごとの熱量はSCP-XXXX-JPの質量の他、損傷の度合いにも比例し、プレス機を用いてSCP-XXXX-JPを破壊する実験の際に単位時間ごとに放出された熱量は同質量の石炭を燃焼した場合の約███倍であるとの結果が示されました。熱エネルギーの放出後、SCP-XXXX-JPは化学分解によって異常性を喪失します。

SCP-XXXX-JPは、19██年██月██日に████鉱山より「数名の採掘作業員が原因不明の火傷を負った」との通報を受け駆け付けた地元の消防隊が発見しました。その後、消防に潜入していた財団エージェントがSCP-XXXX-JPを回収し、収容に至りました。関係者にはクラスA記憶処理が施され、カバーストーリー「熱水噴出」が流布された後に████鉱山は封鎖されました。

その後、同年██月██日に████洞窟内でSCP-████の調査を行っていた財団エージェントが偶然SCP-XXXX-JPを発見し、発見されたSCP-XXXX-JPは回収されました。この調査によりSCP-XXXX-JPは地下に複数存在することが判明しました。そのため、現在SCP-XXXX-JPの調査及び回収が進められています。

現在、SCP-XXXX-JPは████kgが収容されており、年間平均で██kgが新たに収容されています。オブジェクトクラスの再分類に伴い、収容されていたSCP-XXXX-JPは全て破棄されました。詳細は補遺を参照してください。

補遺: 20██年██月██日、地殻内部の温度分布を調査していた████大学の研究チームが、増減を繰り返す正体不明の熱源が地殻全体に分布していることを突き止め、それを書き留めた論文を████に掲載しました。当該熱源は主にプレートの境界に沿って増減を繰り返していること、地中深くであるほど絶対量が多いことが論文中に書かれており、異常存在を危惧した財団研究員が調査に乗り出しました。調査の結果、観測された当該熱源の内、最低でも約73%がSCP-XXXX-JPであることが明らかになりました。当論文は速やかに削除され、関係者及び閲覧者にはクラスA記憶処理が施されました。

現在、SCP-XXXX-JPは地殻内部におよそ███億t程存在するとされています。特に、モホロビチッチ不連続面3から地表へ3kmの範囲には地球上のSCP-XXXX-JPのうち少なくとも60%が存在していると考えられており、これによって地殻は重力と釣り合った状態にあることが判明しています。

地殻内部に存在するSCP-XXXX-JPが一定量減少すると地殻は地球中心へと落下する事象980-イプシロンが開始され、マントル内部の圧力が急激に上昇します。これによって世界規模の地殻変動やマントルの噴出、地磁気の崩壊、SCP-XXXX-JPの熱放出による地殻の融解、それらに付随する異常存在の解放、その他複数の事象が同時多発的に発生することにより、IK-クラス:世界文明崩壊シナリオが引き起こされると予測されています。また、事象980-イプシロンを回避したとしてもSCP-XXXX-JPが地殻から減少することは巨大地震の発生や大規模な火山噴火などの予測不能かつ深刻な事態を引き起こしうると考えられています。

現在、プレートの移動や地震活動、火山活動等の地球活動によって地殻内部に存在するSCP-XXXX-JPの総質量は年々減少を続けており、SCP-XXXX-JPの減少が現在の速度で続いた場合████年までに事象980-イプシロンが開始されるとコンピュータモデルにより予測されています。また、このモデルは財団を含む人類活動を考慮していないものであり、SCP-XXXX-JPの回収及び収容、または破壊が事象980-イプシロンを促進する可能性は高いと考えられています。

この結果を受け、SCP-XXXX-JPのオブジェクトクラスはArchonに再分類され、特別収容プロトコルの改定が行われました。

現在、SCP-XXXX-JPの生成及び量産方法を確立し、事象980-イプシロンを阻止するラピュータ・プロトコルが進められています。ラピュータ・プロトコルが成功した場合には事象980-イプシロンの阻止が可能であるものの、当プロトコルには不確定要素が数多く存在するため、SCP-XXXX-JPは潜在的Thaumielクラスに指定されています。

事象980-イプシロンは何としても阻止しなければならない。それができなければ、我々はこの星を捨てるしかないだろう。最早、地球はこの異常存在に支えられているといっても過言ではない。

ただ一つ、疑問が残る。SCP-XXXX-JPが地球活動によって減少しているなら、逆を言えば過去には現在より多くのSCP-XXXX-JPが存在したことになる。だが、もしSCP-XXXX-JPが現在の█.█倍以上地殻内に存在した場合、地殻はSCP-XXXX-JPによって剥がれてしまうはずだ。仮に今の速度でSCP-XXXX-JPが減少し続けていたのだとしたら、████年前にはそれだけの量のSCP-XXXX-JPが存在していたことになる。だがそのような事象の痕跡は一切確認されていない。例の未発見元素についても不可解だ。粒子加速器などの人工的な手法を用いずに自然にあれが生成されるとも、半減期が1ミリ秒にも満たない原子があれだけ複雑な化学反応を起こす環境が自然に作られるとも考えにくい。

だとしたら、SCP-XXXX-JPはいつ、どうやって作られた? - SCP-XXXX-JP担当主任██████


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The HydrogenBond's portal does not exist.


エラー: HydrogenBondのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7553147 ( 27 Jul 2021 06:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License