Huruidoya 1

アイテム番号: SCP-XXX-JP
オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter
特別収容プロトコル: [プロトコルを説明するパラグラフ]
説明:
SCP-XXX-jpは、サイト-81 に拠点を置く「株式会社   」が製造・販売をしているカップラーメン「   」に酷似した外観を持つ異常物品です。破壊耐性とSCP-XXX-jpの蓋を開けると、蓋裏面から油性インクと思われる液体が滲出、浸透を繰り返し、7セグメントディスプレイ1のタイマーに類似した挙動を取ります。現時点までに”タイマー”の表示時間は、最短で「05:00」、最長で「         」が確認されています。
”タイマー”が「00:00」をカウントすると、SCP-XXX-jpは

  • 由来不明の強酸性の液体300ml、小袋には「親指殺し」
  • 厚さ0.07mmのカミソリ状の刃物、小袋の開封口付近に仕掛けられている。

*異常性のないニワトリ( 学名:Gallus gallus domesticus)の雛1匹、例外なく死亡する。

ERROR

The huruidoya's portal does not exist.


エラー: huruidoyaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3324913 ( 26 Jan 2020 05:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License