SCP-xxx-JP - おなかすいた(草案)

Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXは発生した場合のその収容の困難さから、物理的な封じ込めよりも事後処理が優先されます。事後処理を担当する職員は以下のSDP1(第3版)を熟読してください。

特別対処手順: SCP-XXX-JPの収容を担当する職員は別途配布されている冊子の手順に従い、SCP-XXX-JPを目撃した、または被害にあった人物やその家族に対しクラスB記憶処理を施し、その後地理的状況に応じカバーストーリー「高速道路からの落下」「高速道路から落下した積荷との接触」「単独事故」の3つをそれぞれ使い分けてください。

説明: SCP-XXX-JPは日本標準時で16時〜18時頃に発生する、ヒトの腕に形が極めて似ている並雲2です。
その異常性と発生時間の短さから、財団側が意図して実験を行うことは█回しか行われていません。

SCP-XXX-JPは活性時と非活性時で行動がことなり、活性時間に入ると、人間の掌に似た触手(人間のおよそ【削除済】倍と推定)を伸ばし、無作為に周辺にあるものを掴んではどこかへ運ぶような行動を行います。
これは18時の非活性化まで繰り返されます。

下記は財団による監視から得られた行動パターンですが、監視の開始が最近であるため、将来的にこのパターンと合致しない可能性もあります。

時刻 行動の概要
第一フェーズ 16:00 ~ 16:30 SCP-XXX-JPが活性化。ゆっくりとしたスピードで伸張を開始、やがて地上との距離が近くなると、円を描くように地面と平行移動します。3
第二フェーズ 16:30 ~ 17:00 円を描くような移動がだんだんと遅くなり、第二フェーズ終了間近になるとほぼ完全に停止します。
第三フェーズ 17:00 瞬間的にSCP-XXX-JPが地上へ急速接近し、対象を掴みます。このとき、肉眼や通常のカメラを通した観測では何も変化が内容に見えますが、ハイスピードカメラを使用した監視により、ヒトの親指と人差し指それぞれの腹を合わせたように掴むことがわかっています。
第四フェーズ 17:00 ~ 18:00 SCP-XXX-JPがゆっくりと上昇を開始。望遠カメラでの監視により、掴まれた対象は消失することがわかっています。

非活性時にSCP-XXX-JPが出現することはほとんどありません。ですが、ごく稀に非活性時でもSCP-XXX-JPと思われる形の雲が出現することが確認されています。その際、SCP-XXX-JP(と思われる雲)は何ら危害を加えることはありません。

数少ない実験により、信憑性は低いものの、掴まれた対象は例外なく行方不明になることがわかっています。事案記録20██/██/██を参照してください。

ERROR

The hizumiaoba's portal does not exist.


エラー: hizumiaobaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677044 ( 03 Jun 2019 04:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License