ジャムコン下書き 劇症型蜂巣炎

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の菌類サンプル収容庫に1サンプルのみを収容し、他のSCP-XXX-JP実体は発見し次第財団基準の汚染性生体組織収容プロトコルに基づき焼却処理を行ってください。SCP-XXX-JPを扱う際にはクラス-ⅡHAZMATスーツの着用が義務付けられます。焼却・消毒作業後にはスーツ上から再度消毒・洗浄を行い、組織片などの持ち出し・持ち込みを徹底的に禁止します。また、後述の特異性により、SCP-XXX-JP罹患者及び罹患の疑いがある人物、およびSCP-XXX-JPサンプルが存在する施設との通信は3.4~3.6GHzの周波数帯での無線通信の使用が禁止されます。専用の有線回線および当該周波数帯以外での通信を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは化膿レンサ球菌 (Streptococcus pyogenes)1の変異種(以下SCP-XXX-JP-Aとする)とおもわれるグラム陽性球菌です。SCP-XXX-JPの特異性はその病理と感染経路にあります。

SCP-XXX-JPは常在菌という性質上、完全な収容は不可能です。SCP-XXX-JPは感染時以外には一般的なレンサ球菌属と同じ振る舞いを見せますが、人体に感染した際に特異な病理を見せます。SCP-XXX-JPに感染し発症した場合、一般的な溶連菌感染症の症状2は見せず、表皮または咽頭の表層にコロニーを形成し、その後感染箇所へ蜂巣状の微細な穿孔を引き起こします。その際、未知の作用により神経組織に穿孔が到達した場合でも罹患者(以下SCP-XXX-JP-Bとする)は痛みを自覚せず、組織液の漏出等によって異常に気付く事となります。血管組織に穿孔が到達した場合、穿孔部から剥離した組織片に付着しているSCP-XXX-JPが血流に乗り全身へ運ばれます。その後、発症者の██%は穿孔部位の拡大及び全身に拡大したSCP-XXX-JPの作用により筋組織の壊死による壊死性筋膜症やそれに伴う多臓器不全などによって、発症から約12時間ほどでSCP-XXX-JP-Aは死に至ります。発症から劇症化までの早さのため治療の際には患部を外科的デブリードマン3により除去する必要があります。

またSCP-XXX-JPは通常の飛沫感染以外に咽頭部に病巣が現れた場合、SCP-XXX-JP-Bが2.0~3.6GHzの周波数帯での無線通信4による音声発話を行った場合、発話を受けたものに感染を引き起こすという特異な感染経路を持ちます。これは録音越しにも発現するため、SCP-XXX-JP-Bのインタビュー記録に関してはできるだけ文字起こしを行うのみにします。
SCP-XXX-JP-Bの音声発話を当該周波数を用いた無線通信で聞いた場合、その人物(以下SCP-XXX-JP-Cとする)の咽頭部にSCP-XXX-JP-Bと同様の病巣が発生する結果となります。病巣部の形成は音声を聞いた直後より行われ、██分後にはSCP-XXX-JP-Cの音声にも異常性が発現します。更にSCP-XXX-JP-Cとなった場合、体表に常在しているSCP-XXX-JP-Aが爆発的に増殖し、他の常在しているレンサ球菌属や表皮上の他の菌類を駆逐するという現象が発生します。この場合不明な原理により皮膚表面上には病巣が形成されず、咽頭部にのみ病巣が集中することとなりますが、咽頭部に病巣があるにも関わらず、SCP-XXX-JP-B及びSCP-XXX-JP-Cの発声は病状によらず通常時と変わらないなめらかな発声が可能となります。

補遺1: SCP-XXX-JPは20██/██/██に██県██市の██市民病院で発生した院内感染事例に於いて、当該の患者を受け入れた医療施設から遠隔地の医療施設で同様のケースが相次いだことにより発覚しました。これにより、当該事例に対しカバーストーリー"人食いバクテリアの院内感染"を適用し、関係者へ記録処理を行いました。

補遺2: 現在当該周波数帯の廃止を目指し、新しい通信規格の実装が各国政府関係者の協力のもと急がれています。予定では5Ghz以上の周波数帯を用いての通信規格を実装する予定です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The hihaku's portal does not exist.


エラー: hihakuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2915875 ( 03 Nov 2019 13:41 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License