天死の料理店

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの外部に対する危険性は極めて低いため、サイト-████████の管理下のもと標準人型収容施設に収容してくださいまた、SCP-XXXX-JPは特性上設置された扉を開けると異常性が発生するためSCP-XXXX-JPを収容している施設へ侵入する場合は下記に記載するお店のルールに同意する事ができる職員にのみ許可が下ります。
なお当オブジェクトに関する一部の映像及び報告書はセキュリティクリアランス2によって守られているため、サイト-████████の情報開示担当者の指示のもとアクセスが許可されます。

説明: SCP-XXXX-JPはもともと████県████市████町に存在する████家の内部に設置されていた地下室の中の空間です。SCP-XXXX-JPの近くには豪華な洋風の装飾が施された看板が設けられており、看板には達筆な日本語で『天死てんしの料理店』という店名とおそらく店員のもののメッセージ、そしてお店のルールが未知の物質によって書かれています。

この度は当店に足をお運び頂きありがとうございます。
当店は料理長兼執事の私"████████"とその主人である"████████"様によって経営を行っている料理店となっております。
お客様がまず気に掛けるであろう味に関してはお客様が食したどの料理よりも美味、またはそれと匹敵する料理を提供する事を保証致しますが当店のメニューに使用している食材や調理方法、お店の内装は主人の趣味嗜好に基づいた内容になっておりますので下記に記載する"当店のルール"を熟読し主人の機嫌を損ねる事が無いようにお願い申し上げます。

SCP-XXXX-JPは看板自体を見たり近くにいるだけでは何も起きませんがSCP-XXXX-JPの入口とみられる扉を開くと異常性が発生します。
SCP-XXXX-JPは扉を開くと元の土地や部屋の広さに関係なくミシュラン████████年版で紹介されているフランスに本店を構える三ツ星高級レストラン████████████████に似た姿へと内装が変化します。
SCP-XXXX-JP-1の中に入ると湿度・温度・雰囲気が変わり"まるで我が家にいるような気分"になると報告されています、これは当オブジェクトの異常性とは関係なく内装や料理店の隅々まで行き届いた清掃などによる居心地の良さだと報告されています。
SCP-XXXX-JP-1に侵入すると同時に入口から半径3~5mの範囲にSCP-XXXX-JP-2が出現します。
SCP-XXXX-JP-2は首から下が20代前半のやや痩せ気味の人種不明の人間(Homo sapiens)、首から上が羊の一種であるメリノ種(Full wool Merino sheep)といった外見です、また黒い執事服と上質な白い手袋、銀縁の眼鏡を着用しています。
なおSCP-XXXX-JPは食事や睡眠を必要としないのでこれらの配慮は不要です。

補遺:

探査ログ: XXXX-JP-████-1
対象: SCP-XXXX-JP-2
探査者: D-██████1

D-██████1: 「これが料理店か…扉は他の建物と変わらないけどな…」

D-██████1: 「まずは看板を熟読しろ…だったっけな、ふんふん…なるほど『天死の料理店』か、なんだか嫌な予感がするよ」

D-██████1: 「カランカラン[扉に付けられたベルの音]…ど、どうも失礼します」

SCP-XXXX-JP-2: 「いらっしゃいませお客様[どこからともなく現れて]、当店のご利用は初めてですね?」

D-██████1: 「うわっ!びっくりしたー、そっそうです初めてです」

SCP-XXXX-JP-2: 「はい、では当店の簡単な説明をさせて頂きます。
ルールは当店前の看板に記載されている通りなのですがそれさえ守っていただければ主人の機嫌を損ねることはないでしょう。
まずは席を自由にお選びください、大人数が囲めるテーブルからあちらのカウンターまで大きさはもちろんのことお客様がお望みでしたら日本に存在する"畳"や"大理石の床"などの内装を主人が自由に変えさせていただきます。
席を決めたら私が飲み物を持ってまいりますので口にしたい物が決まりましたら私にお声掛けください、なお当店はメニューが存在せずお客様のご要望に沿って料理を提供するスタイルで経営をさせていただいてます。
また当店ではサービスの一環として私が悩み事の相談を受けるいわゆるカウンセリングも行っております、その他質問やご要望があれば何なりと私に申し付けください。」

D-██████1: 「えっと…そうしたら、まず一個だけ質問してもいいですか?お店の前の看板に"主人の趣味嗜好に基づき料理を提供している"と書いてあったのですがこれは具体的にどういうことなのですか?」

SCP-XXXX-JP-2: 「良い質問ですね、当店では主に主人の故郷である████████████████産の食材を私なりの調理方法で加工した創作料理を提供しております、また当店の一番人気は"████████の丸焼き~████████のソースを添えて~"となっておりこちらで馴染みのある料理に例えますと"骨付きのステーキ"になるかと思います」

[恐らく現地の正式名称なのだが発音が特殊過ぎて聞き取ることができなかった、そしてその後Dクラス職員は席についた]

D-██████1: 「今の所本当に普通の料理店だなあ、食べる物なんて決めてなかったから一番人気のやつを食べようかな?…すいませーん」

SCP-XXXX-JP-2: 「はいお客様[どこからともなく現れて]、何かお決まりでしょうか?」

D-██████1: 「うわっ!え、えっと…さっき言ってた一番人気のメニューを一つください」

SCP-XXXX-JP-2 「かしこまりました、少々お待ちくださいませ…[そう言うとどこかに瞬時に消えすぐさま現れた]お待たせいたしましたこちら████████の丸焼き~████████のソースを添えて~になっております」
[やはり肝心の食材名は聞こえない]

D-██████1: 「えっ?まだ10秒も経っていないのに」

SCP-XXXX-JP-2: 「当店はそれも売りですので、もちろん調理工程は企業秘密になっておりますが。ではごゆっくりとお楽しみ下さいませ[どこかへ瞬時に消える]」

D-██████1: 「まぁ食べてみるか、見た目も普通のステーキっぽいし…うん…うん、美味しい!」

補足: この後は特に異常は発生せずD-██████1はSCP-XXXX-JP-2に丁寧に送り迎えをされた。

<映像終了>


以下はSCP-XXXX-JP-2の異常性及び"お店のルール"に従わなかった場合の危険性が判明した後にD-██████1の証言を元に書き起こされた報告書です。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The HIBIKIN's portal does not exist.


エラー: HIBIKINのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6826325 ( 18 Sep 2020 02:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License