ODSSぷろっと

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


夜鷹の事件が終わった後のオペレーションルームで道策は襲撃を行った五行結社のグループについて話す。
グループに対する情報提供はGOC側から行われる予定だった。
「夜鷹」への対応で召集された機構軍の解散までの刻限が迫りつつあった。
機構軍が解散すれば、テロリストに対してリソースを集中投入する事はできなくなる。

排撃班指揮官御蔵に連絡が入る。
その結果は「機構軍は今回の件について、事態の収拾に当たっている戦力のみで対応する」という回答だった。
それを不審に思う道策にマクリーンから連絡が入る。
マクリーンはさらなるモグラ狩りのため、現場に出ている人間のみを使うつもりだと告げた。

機構軍の支援を得られぬまま、道策と御蔵はテロの再発を防ぐため起死回生の策を打つ。
排撃班指揮官は五行結社の代表との交渉に入り、道策はそのサポートに回ることになる。
話がまとまった後、道策はかつての古巣の国交省官僚と出会う。
彼は現在の道策の近況を聞き、彼を国交省へと連れて行く。

五行結社代表との話し合いの結果、五行結社内に残置されていたスリーパーが割れる。
御蔵へカオスゲリラの襲撃が行われるが、助けに入った速水・ロロらの活躍で御蔵は辛くも生き残る。

五行結社の代表から齎された情報により、過激派の場所を確認した道策は機動部隊による急襲を仕掛けます。しかし、国交省の官僚は呪術的な人柱として用いられ、オペレーション・ルームにゲリラが転移する。

道策は囲まれるが、現場で待機していた国交省tecの異常災害保護システムによりゲリラの行動は阻害される。
道策は御蔵から齎された情報を元に、国交省の資料保管庫から、彼がカオスゲリラと内通していた証拠を見つけていた。道策はそれを元に、tec隊員に対してあらかじめ根回しを行っていたのだ。
それをこのシーでサラッと書いた上で、奇跡論によるレイ・ラインで転移してきたGOC排撃班によりゲリラが全員射殺される。

ERROR

The hey_kounoike's portal does not exist.


エラー: hey_kounoikeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2094799 ( 31 May 2018 15:59 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License