我々は宇宙人である

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト8123の電子錠付き低脅威オブジェクト収容ロッカーに保管されています。実験等でSCP-XXX-JPをロッカーから取り出す必要がある場合、SCP-XXX-JPを直接目視しないで行うようにしてください。SCP-XXX-JPを用いた実験及び調査にはレベル3以上の職員の許可が必要です。現在、SCP-XXX-JPを用いた実験は凍結されています。

説明: SCP-XXX-JPは既存の製品と一致するものが存在しない350×350×530~1160mmでリビング扇の扇風機です。SCP-XXX-JPを破壊しようとするいかなる試みは失敗に終わっています。また異常性活性化時以外の操作の試みも失敗に終わっています。SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPを目視することで活性化します。

SCP-XXX-JPを目視した人物(以下対象)はSCP-XXX-JPを使用したいという衝動を覚えます。この衝動は扇風機の使用に適しない状況であっても使用する程度に強いものですが、生命の危機等の阻害により止めることが可能です。行動を開始した対象は始めにSCP-XXX-JPの前方に移動し、弱と書かれたボタンを押します。ボタンを押されたSCP-XXX-JPは電源が無いにも関わらず、未知の動力により羽根を回転させます。SCP-XXX-JPが稼働し始めると対象はSCP-XXX-JPの羽根が回転する上部に顔を近付け、特定の文言を発言します。この文言は現在2種類確認されており、通常は文言Aである「我々は宇宙人だ」と発言します。対象が何らかの所属等の情報を周囲に秘匿された状態である場合、文言Bである「我々は[対象が秘匿している対象の所属等]だ」と発言します。この一連の行動を終えた対象は自身の発言の記憶がありません。

SCP-XXX-JPは当初“対象に文言Aを言わせる扇風機”というAnomalousアイテムとして評価されていました。しかし当時管理を行っていた管理員2名の内、片方が誤ってSCP-XXX-JPの異常性に曝されました。この際、対象となった管理員がそれまで確認されていた文言Aとは異なる「我々はカオス・インサージェンシーだ」という発言したことから対象の管理員の確保と調査が行われ、この発言が事実であると判明しました。この事例によりSCP-XXX-JPはSCPオブジェクトとして再評価されました。

補遺: SCP-XXX-JPを用いた[削除済]回の中で文言Aと類似した真逆の意味を持つ以下の発言が確認されました。

この事例により、SCP-XXX-JPを用いた実験はO5評議会の命令を以て凍結されました。


ERROR

The HazukiMarch's portal does not exist.


エラー: HazukiMarchのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:hazukimarch ( 09 Jun 2018 13:54 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License