異常という見遺夢

現在このページは批評中です。

評価: 0+x

まっかなゆめをみた。

おひさまがあかくなった、ゆうやけみたいなそらのしたにボクはぽつんとたっていた。
否、夕焼けよりも赤い原野の中、私は恐怖を覚えた。いや、正確には思い出したのだ。何が来るのかを。

とおくからまっかなおおきなとりがとんでくる。
緋色のそれは豆粒のような大きさから徐々に肥大していく。この小さな掌では隠せないほどの大きさに。

そこでおきた。おふとんの上で、がばっといきおいよくおきあがった。
せんせーにゆめのことをおはなしした。そしたらせんせーはちょっとこわいかおした。いやなことだったのかも、つぎはいわないときめた。
 
 
そのあとも、なんかいかゆめをみた。
何度も目にした赤色。前は覚えていられなかったが、今なら経験した全てを思い出せる。

またあかいとりがやってくる。
アイツが何をするのかを、私が何をされるのかも、しっかりと覚えている。

がらがら、っておもちゃばこをせんせーがはこぶみたいなおとがした。
大量のガラクタ共が擦れ合う音はまるで獣の嘶きのようだ。

あおいきょうりゅうがとりをかくした。
暴君の姿を模した玩具の集まりは俺と赤色の鳥の間に現れた。

ボクはあおいきょうりゅうにちかづきたくなった。
宝物のように思えたガラクタの塊、前はその中をひどく素晴らしいものだと思えたが、今は違う。

だけど、あおいきょうりゅうとボクのあいだにねこがでてきた。
これはねこです。前のわたしはこれを知っています。よろしくおねがいします。

ねこはじっとボクをみる。めがおおきくて、へんてこなネコだ。
これはねこでありネコではありません。ここは暗闇でなく、ましてやネコなど居るわけがないのにねこがいます。よろしくおねがいします。

ねことにらめっこをしていると、ざあざあ、ざあざあ、なみのおとがきこえてきた。
其は我々などでは到底叶わぬ存在なり。

どこからきこえてくるのだろう。ボクはめをつむり、おとをよくきこうとした。
羽根が雪の様に降る。前の我は知らぬ故、之は此処だけの何らかの暗示であろう。

ごりごり……なにかがこすれるおとがした。
クソッタレが。

ボクはすぐにふりかえった。うしろにはふしぎなせきぞうがいた。
オレにとっては忌々しいだけクレイジーな彫刻野郎。前のことは忘れられねえ。

ボクはめをつぶった。

つぎにめをあけたらおふとんのうえだった。

あかいゆめをみたことはせんせーにはいわなかった。というか、ゆめのことをよくおぼえてなかった。あかいゆめをみたようなきがするけど、それもふわふわしていてボクはすぐにわすれてた。
 
 
ボクはきょう、あたらしいきょうしつにいく。けんくんやあーちゃんもそっちのきょうしつにいったらしい。

ボクはわくわくしながらせんせーとてをつないで、あたらしいきょうしつにいく。

せんせーはわらってるけど、ちょっとへん。だから、私は、げんきつけようと、伝えるために、たのしそうに、口を開いた。
 
 
 
「にげられないよ」
 
 
 
死んだって。


ERROR

The HazukiMarch's portal does not exist.


エラー: HazukiMarchのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:hazukimarch ( 09 Jun 2018 13:54 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License