眠り猫

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
AreYouCrazyForSCP

ステージIV(N4)のノンレム睡眠状態の際に撮影されたSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter(潜在的Thaumiel)

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在特設収容サイト-81██にて収容されており、常時SCP-XXX-JP研究班によって観測及び研究がされています。サイト内にはセキュリティクリアランスレベル4以上の職員を常駐させ、SCP-XXX-JP研究班の補助を担当させて下さい。

SCP-XXX-JPの脳波測定及び、収容施設内に設置されているものを含む、全世界に設置されているカント計数機を用いたヒューム値の測定を常時行ってください。これら2つの数値に大きな異常が見られた際はSCP-XXX-JP研究班の判断のもと、セキュリティクリアランスレベル4以上の職員が、サイト-8100へ通達を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは一般的な雑種の家猫(イエネコ)です。しかし現在までSCP-XXX-JPに老化の兆候が見られておらず、また食事や排泄等を一切必要としていないことが確認されています。

SCP-XXX-JPは常時ステージⅢ(N3)からステージIV(N4)のノンレム睡眠状態にあります。収容当初から現在に至るまで、1度も覚醒状態は観測されていません。

SCP-XXX-JPの睡眠状態における脳波と、基底現実におけるヒューム値の相互作用が確認されています。これにより、SCP-XXX-JPの睡眠は現実改変作用があると推測されています。また現在、この性質によるZK実存崩壊事象の危険性が、SCP-XXX-JP研究班により指摘されています。またSCP-XXX-JPの影響範囲は収容当初より拡大、増殖していることが確認されています。現在はアメリカ、ロシア、韓国、中国、フランス、ポーランド、スペイン、タイ、日本、ドイツ、イタリア、ウクライナ、ポルトガルにおいて、国土全域を包むような円状に影響範囲が確認されています。

SCP-XXX-JPについての詳しい収容経緯、及び収容時期は判明していません。しかし財団内データベースより、2008年7月の時点でこのオブジェクトに関する初めての記述が発見されています。

補遺: 2018/██/██にSCP-XXX-JP研究班によるSCP-XXX-JPに対する見解及び考察文書が提出されたため添付します。


貴方もまだ夢中でしょう?

以上下書き

画像は自前です

批評していただきたい箇所

  • おかしな点はないか
  • ネタ被り
  • 単純に面白いか
  • メタ要素はどこまで伝わるか
  • うちの猫は可愛いか

メタ要素について
SCP-XXX-JP=画面の前の財団職員の皆様
眠り=夢の中=SCP財団に夢中
2008年7月=SCP-173がSCP財団に記事として投稿された日(だったはず)
睡眠状態及びヒューム値安定化の理由=SCP財団というサイトが大きくなり共通の世界観が固まったから


ERROR

The Hayabusamarunonituke's portal does not exist.


エラー: Hayabusamarunonitukeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:hayabusamarunonituke ( 09 Jun 2018 19:16 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License