魔女裁判

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上収容することができません。日本の各裁判所に監視カメラおよび盗聴器を備え異常が発見され次第財団エージェントを派遣させ裁判終了後の全関係者に対してインタビューを行ったあとAクラス記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは日本の刑事裁判で発生する認識災害です。SCP-XXX-JPが発生した場合、その裁判では必ず他の者が罪を被せられた、あるいは誰にも罪を暴かれなかったなどを理由に裁かれることのなかった死刑に値する人物が訪れ被告人となり裁判を受けます。裁判については一般的な手順で進められ死刑判決が出ます。このとき被告人は罪を認め控訴することはありません。SCP-XXX-JPの発生した裁判では傍聴席には誰も来ることがなく、被告人を除く裁判官・検察官・弁護士を含めたすべての裁判に関わった関係者がSCP-XXX-JPが発生した裁判について、必ず裁判の終了後この記憶を消されます。この記憶が消去される要因はSCP-XXX-JPの影響だと考えられています。SCP-XXX-JPの影響下で行われた裁判の記録は裁判所書記官によって記録されますが、裁判の終了後その記録は消失します。尚、地方裁判所のみならず簡易裁判所でも発生することがあります。

発見経緯: SCP-XXX-JPは████法律相談事務所に勤務している財団エージェントが勤務中偶然発見したことにより異常性が発覚しました。現在当財団エージェントは休職中です。

補遺: SCP-XXX-JPは不定期に現れるが、特に最近ではSCP-XXX-JPが起こるケースが頻発しているように思える。1年で██回も死刑判決が起こるなどありえない。我々はこのような異常現象を一般人から絶対に遠ざけなければならない。また、確保・収容・保護の観点からSCP-XXX-JPの発生を妨害しないようにしなければならない。ー██博士



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The hara yutaka's portal does not exist.


エラー: hara yutakaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7561459 ( 27 Jul 2021 10:25 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License