SCP-XXX-JP - ミスターキー素案
rating: 0+x
blank.png

手を入れる部分
・パタグラフを意識して書き直す
・収容経緯を詳細にする。
・睡眠時間を3時間以内にする理由(敷地からの脱出)
・投影装置による長時間の監視は脳への負担が強くオブジェクトの保護を維持できないことを明記。
・一度収容違反が起こっていることを明記。
scp-jp euclid 黒 鍵 k-クラスシナリオ 睡眠 人間型 国外収容

アイテム番号: SCP-XXX-JP

脅威レベル: ● 黒

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは米国政府の協力の元、米陸軍基地に偽装した約3500km2のSCP-XXX-JP収容専用サイト-81██の中心部に建設された収容施設に収容されます。
サイト-81██には紙電子の別を問わずセキュリティクリアランスレベル1以上の機密を持ち込まないで下さい。またサイト-81██に持ち込まれる電子機器は全てスタンドアロンの状態を維持するため、有線無線の別を問わず通信用部品が組み込まれていないものに限られます。同サイトには徒歩以上の速度を有する交通器具を持ち込まないで下さい。
SCP-XXX-JPの行動は常に監視し、SCP-XXX-JPが睡眠を開始してから3時間が経過したらSCP-XXX-JPを覚醒させて下さい。SCP-XXX-JPの覚醒を確認した場合、再度の睡眠が許可されますが、再度の睡眠においても開始から3時間が経過したらSCP-XXX-JPを覚醒させて下さい。但し、SCP-XXX-JPが3時間未満の任意の時間経過後の覚醒を希望した場合においてはSCP-XXX-JPの希望通りの時間経過後にSCP-XXX-JPを覚醒させて下さい。
SCP-XXX-JPには上記収容プロトコルに反しない限りにおいて施設内における自由な生活が保障され、また別途定める予算の範囲内でSCP-XXX-JPが希望する嗜好品等の支給が許可されています。

説明: SCP-XXX-JPは睡眠時に異常性を発現するヒト個体です。SCP-XXX-JPは睡眠に移行した際即座に明晰夢(以下、SCP-XXX-JP-1)を見始めます。SCP-XXX-JP-1内にはSCP-XXX-JPが睡眠を開始した時点での現実が忠実に再現されており、SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPが現実で睡眠に移行した地点から開始します。SCP-XXX-JP-1内にはSCP-XXX-JP以外のヒトは存在しません。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPが覚醒するまで継続します。
SCP-XXX-JP-1内でSCP-XXX-JPは自らの意思での行動が可能であり、SCP-XXX-JP-1内で生じる物理現象はSCP-XXX-JP-2を除いて現実のものと同一です。
SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1内でSCP-XXX-JPが所持しているシンプルな形状の鍵です。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1内においてSCP-XXX-JP-2を用いてあらゆる施錠を開錠することができます。
SCP-XXX-JPはその能力を用いてインターネット上の動画投稿サイトで予知能力者として活動していたところを、休暇中のエージェント・浅草がネットサーフィン中に発見し収容に至りました。

※以下実験は全て投影装置によってSCP-XXX-JPのSCP-XXX-JP-1内での行動を監視の上行っています。

実験記録XXX-JP-1 - 日付2019/10/25

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: ジュラルミンケースにトランプの任意の札を入れ施錠、実験室内に設置し、SCP-XXX-JP-1内でジュラルミンケースを開錠させトランプの絵柄を言い当てさせる。

結果: SCP-XXX-JP-2を用いてSCP-XXX-JP-1内のジュラルミンケースを開錠し、トランプの絵柄を言い当てる。現実においてジュラルミンケースは開錠されなかった。

分析: SCP-XXX-JP-2にはSCP-XXX-JP-1内におけるあらゆる施錠を開錠する能力があると思われる。

実験記録XXX-JP-2 - 日付2019/10/28

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: ジュラルミンケースにトランプの任意の札を入れ施錠、実験室内に設置し、SCP-XXX-JP-1内でジュラルミンケースを開錠させトランプの絵柄を言い当てさせる。但し、SCP-XXX-JPの睡眠開始後にジュラルミンケースを開錠し、トランプの任意の札を入れ替え、再度施錠している。

結果: SCP-XXX-JP-2を用いてSCP-XXX-JP-1内のジュラルミンケースを開錠し、睡眠開始前にジュラルミンケースに入れられていたトランプの絵柄を言い当てる。現実においてジュラルミンケースは開錠されなかった。

分析: SCP-XXX-JP-1内にはSCP-XXX-JPの睡眠開始時の現実の情報が保存されていると思われる。

実験記録XXX-JP-3 - 日付2019/10/29

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: 実験室から収容施設外に至る全ての出入り口を施錠し、SCP-XXX-JP-1内で収容施設外に脱出するように指示する。

結果: SCP-XXX-JP-2を用いてSCP-XXX-JP-1内の収容施設外に脱出する。現実において収容施設外に至る全ての出入り口は開錠されなかった。

分析: SCP-XXX-JP-2にはSCP-XXX-JP-1内におけるあらゆる施錠を開錠する能力がある。

実験記録XXX-JP-4 - 日付2019/11/11

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを扉のないコンテナに幽閉し、SCP-XXX-JP-1内でコンテナ外に脱出するように指示する。

結果: SCP-XXX-JP-2を用いてSCP-XXX-JP-1内のコンテナの溶接部を溶解し、コンテナを分解して脱出する。

分析: SCP-XXX-JP-2にはSCP-XXX-JP-1内において施錠に依る幽閉からの脱出の他、施錠に依らない幽閉から脱出する能力がある。

実験記録XXX-JP-5 - 日付2019/11/13

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: 暗号化された電子ファイルを暗号化されたパーソナルコンピューターに格納し、SCP-XXX-JP-1内において電子ファイルを開くように指示する。

結果: SCP-XXX-JP-2を用いてSCP-XXX-JP-1内のパーソナルコンピューターにログインし、電子ファイルの暗号化を解除して電子ファイルを開く。

分析: SCP-XXX-JP-2にはSCP-XXX-JP-1内において物理的な施錠の他、電子的な施錠を開錠する能力がある。

実験記録XXX-JP-6 - 日付2020/03/19

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JP-1内においてSCP-1499-JPに曝露させる。

補足: SCP-1499-JPは曝露した者に臀部への一時的な痛みをもたらすオブジェクトです。

結果: SCP-XXX-JP-1内においてSCP-XXX-JPは臀部の激痛を示した。即座に覚醒させたが覚醒後は激痛が収まったと証言した。

分析: SCP-XXX-JP-1内においても異常性オブジェクトは現実と同様の異常性を保持している。

実験記録XXX-JP-7 - 日付2020/05/04

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JP-1内においてSCP-181-JPに曝露させる。

補足: SCP-181-JPは曝露した者に視力の恒久的な低下をもたらすオブジェクトです。

結果: 投影装置の出力解像度が低下し、SCP-XXX-JPもSCP-XXX-JP-1内において視力の低下があったと訴えた。覚醒後には視力の低下は継続しなかった。

分析: 実験記録XXX-JP-6に同じ。

実験記録XXX-JP-8 - 日付2020/06/20

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: 実験室内にSCP-1846-JPと果物数種類を用意し、SCP-XXX-JP-1内においてSCP-1846-JPを調理摂食させ、その後果物数種類を摂食させる。

補足: SCP-1846-JPは曝露した者に恒久的な味覚の異常をもたらすオブジェクトです。

結果: SCP-XXX-JP-1内においてSCP-1846-JPや果物からはミートソースの味がしたと証言した。SCP-1846-JPの影響は覚醒後には継続しなかった。

分析: 実験記録XXX-JP-6に同じ。

実験記録XXX-JP-6から8までに使用したオブジェクトは全て影響度の低いオブジェクトである。しかし財団が収容するオブジェクトの中には閲覧しただけで著しい影響を伴うものが数多く存在する。SCP-XXX-JPがSCP-XXX-JP-1内において当該オブジェクトを閲覧することにより生じうるK-クラスシナリオの数は█桁を超え、SCP-XXX-JPが要注意団体への諜報にどれだけ有力であっても、SCP-XXX-JPが起こしうるK-クラスシナリオのリスクとは天秤に掛けるまでもないのである。 - 上野博士

補遺: 以下は現在の収容プロトコルの開始後3ヶ月後に行われたインタビュー記録です。

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: 萬世橋研究員

<録音開始>

萬世橋研究員: おはようございます。SCP-XXX-JP。

SCP-XXX-JP: やあおはよう。

萬世橋研究員: 調子はよさそうですね。

SCP-XXX-JP: まあね。必要なものがあったらおたくらが何でも用意してくれるしな。この間の女また寄こしてくれよ。

萬世橋研究員: 手配しておきます。ところで支給した嗜好品の内、甘味類を食べずに処分しているようですが。

SCP-XXX-JP: ああね、あれは夢の中で食べるんだよ。そうすればカロリーも接種しないで済むからこの通りさ(シャツを捲り上げて腹部を見せる)。

萬世橋研究員: なるほど。その他に不都合はありませんか?

SCP-XXX-JP: やっぱりインターネットができないのが不満だよねえ。この間くれたパソコンなんて性能がいいばかりでインターネットに繋げられないじゃない。フィルタリングとかでどうにかならないの?

萬世橋研究員: 生憎、あなたの能力はフィルタリングソフトを悠々と突破してしまいますので。

SCP-XXX-JP: そうだったね。ハハハ。

萬世橋研究員: では今回のインタビューはここまでと致します。

SCP-XXX-JP: おう!また今度な!

萬世橋研究員: お疲れ様です。

<録音終了>

  • scp-jp
  • euclid
  • k-クラスシナリオ
  • 睡眠
  • 人間型
  • 国外収容

ERROR

The HAL9K's portal does not exist.


エラー: HAL9Kのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6896195 ( 05 Oct 2020 18:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License