SCP-xxxx-JP 炭酸飲料

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 現在、SCP-xxxx-JPは、冷却機能付の箱に22℃に一定に保管されています。取り出す場合には許可が必要であり、監視下にて取り出してください。

説明: SCP-xxxx-JPは炭酸飲料のペットボトルに類似しておりますが、一定時間が経つとビンに変化します。その次にカンに変化します。カンに変化した後はペットボトルに戻ります。変化直後は炭酸飲料と周辺温度が非常に高温になるため、変化する過程で炭酸飲料と周辺の冷えている空気を利用して変化すると考えられています。

補遺: 中身を出す際は、吹き出しを考慮して決して変化直後に開封するのではなく常温または十分に冷やしてから開封してください。

実験記録1 - 日付20██/8/14

実験対象物:SCP-xxxx-JP:

実験方法:0℃を一定に保った冷却機能のある箱に一時間保管した場合

結果:変化なし

分析:中身が冷えすぎてしまうと冬眠状態になり、変化しない

実験記録2 - 日付20██/8/15

対象:SCP-xxxx-JP

実施方法:20℃を一定に保った冷却機能のある箱に一時間保管した場合

結果:ペットボトルからビンに変化した

分析:常温時よりも少し遅いですが、変化します

実験記録3 - 日付20██/8/16

対象:SCP-xxxx-JP

実施方法:冷却機能のある箱に保管せず、常温で一時間保管した場合

結果:短時間にペットボトルからビン、ビンからカンへと変化しました

分析:常温になると活性化してしまい、暴走状態に入りました


ERROR

The hakomal1972's portal does not exist.


エラー: hakomal1972のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7586162 ( 02 Sep 2021 01:37 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License