Hakidame 230 1

このページは執筆中です。

アイテム番号 SCP-2563-JP
オブジェクトクラス:safe

特別収容プロトコル:SCP-2563-JPは、入浴施設付き研修センターに偽装されているサイト112-1に収容されています。SCP-2564-JPは取水用ポンプとファイバーグラス製揚湯管を用いて地下1200mよりくみ上げた後、338.15K以上に加温し空気中に最低8時間34分23秒放置させ、完全に酸化し不活性化した状態で同施設内の浴槽に使用されています。SCP-2563-JPによる人体への毒性は確認されておらず、上記の作業・機器の保全には派遣されているCクラス以下の職員があたり、雇用期間終了後にはBクラス記憶処理を行っています。

SCP-2563-JP自体の情報及びSCP-2563-JPを用いた実験についてはレベル0セキュリティクリアランスが必要となります。20██年現在、SCP-2563-JPを用いた実験及び特性についての情報にはレベル3セキュリティクリアランスが必要となり、一部の情報にはレベル4セキュリティクリアランスの権限が必要です。
SCP-2563-JPについてのミームが民間人に漏洩するのを防ぐため、SCP-2563-JPの半径███kmにおける取水のためのボーリング調査については████府保健所の認可を通すようにし、民間人がSCP-2563-JPを用いた行動を行おうとした際にはSCP-2563-JPに関する情報へのCクラス記憶処理を行います。またSCP-2563-JPを収容している███市自体の情報拡散防止に、メディアを通じた情報隠蔽を行い、日本国民の、███市の知名度は0.0███%以下に抑えられています。

SCP-2563-JPに対するカルボキシ基・フェノール基をもつ有機酸の接触は禁じられており、不活性化する前の自然界への排水は、山岳・河川・海洋例外なく禁止されています。

説明:SCP-2563-JPは19███年██月██日に、███府█████市横山地区において、194██年に廃業した温泉旅館跡地において湧出が確認されました。SCP-2563-JPは安山岩の露頭の割れ目より湧出しており、周辺は含有しているF███の酸化による赤褐色の水酸化物が堆積しています。
SCP-2563-JPの温度は290.15K(17℃)で一定しており、含有している物質はICP発光分光分析法の分析結果より、Na+・Cl-・H2Co3███(セキュリティクリアランス権限から検閲)・Al+・Mgの含有が測定されています。

ERROR

The hakidame 230's portal does not exist.


エラー: hakidame 230のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4596384 ( 29 Sep 2020 10:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License