SCP-KAWAII-JP-J とってもかわいい女の子

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png

警告:この文書は「私」の許可を受けなければアクセスすることができず、閲覧する本人が「私」または「私」の許可を受けている職員であった場合、閲覧することができます。「私」のセキュリティ承認に違反した場合、終了措置が行われます。承認しますか?

    • _
    1670340051963.jpg

    SCP-KAWAII-JP-J
    (実物の写真だとかわいすぎてずっと見ていたくなるため、代わりにスケッチを「私」が描きました 写実的だと実物の写真と同じでずっと見ていてたくなるためデフォルメしてあります)

    アイテム番号: SCP-KAWAII-JP-J

    オブジェクトクラス: Kawaii

    特別収用プロトコル: SCP-KAWAII-JP-Jは人型収用サイト「私の部屋」に収用されています。このサイト「私の部屋」には「私」以外は入ることが許されていません。もし入った場合、その場で「私」に即時終了させられます。また、サイト「私の部屋」以外に存在するSCP-KAWAII-JP-Jの写真(以後、SCP-KAWAII-JP-J-a)は所有者を終了させた後、消去してください。また、この文書を「私」の許可を受けていない「私」以外が閲覧した場合、即時終了させられます。

    説明: SCP-KAWAII-JP-Jは██ ██というかわいい名前を持つ█才「収用当時」のとってもかわいい女の子です。

    SCP-KAWAII-JP-Jはとてもかわいく、それ以外に異常性は確認されていません。とてもかわいいだけの普通の女の子です。
    SCP-KAWAII-JP-J及びSCP-KAWAII-JP-J-aに暴露した人はSCP-KAWAII-JP-Jのことをかわいいと認識します。
    また、SCP-KAWAII-JP-Jはとてもかわいいのでどんな方法でも忘れることはできません。

    SCP-KAWAII-JP-Jは202█年4月16日午後5時37分15秒に██市の██公園で「私」に発見され、少しの会話1の後、回収されました。 その時もとてもかわいかったです。

    インタビュー記録
    以下の記録はSCP-KAWAII-JP-Jへのインタビュー記録です。
    音声だとSCP-KAWAII-JP-Jの声がかわいすぎてずっと聴いていたくなるため、記録した音声を文字起こししています。

    インタビュー記録SCP-KAWAII-JP-J-1


    インタビュアー: 「私」
    対象: SCP-KAWAII-JP-J


    〈記録開始〉

    「私」:一人でどうしたの?お母さんかお父さんは?

    SCP-KAWAII-JP-J:お母さんにここに居なさいって言われた。お父さんは…

    「私」:大丈夫?迷子なら交番に行こっか?それともここに居る?

    SCP-KAWAII-JP-J:けーさつはやだ。怖い。おうちに戻るのやだ。

    「私」:ここも危ないよ。もうちょっとで暗くなるし、夜になるとお化けが出てくるぞ~。

    SCP-KAWAII-JP-J:お化け怖いっ!やだっ!

    「私」:だよね。だからおうちに帰らないと。

    SCP-KAWAII-JP-J:おうちもやだっ…きらい…怖い…

    「私」:うーん…どうしよっか?

    SCP-KAWAII-JP-J:…おねーさんのおうちに行く。

    「私」:え? ーーん~そっか…そうしよっか!

    〈記録終了〉

    インタビュー記録SCP-KAWAII-JP-J-2


    インタビュアー: 「私」
    対象: SCP-KAWAII-JP-J


    〈記録開始〉

    「私」:今日はインタビューをします。準備はいいですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:いんたびゅーってなに?

    「私」:私が質問…聞きたいことを言うからそれに答えてもらうって遊び。

    SCP-KAWAII-JP-J:変な遊びだね。

    「私」:じゃあ、最初の質問です。お名前はなんですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:██ ██です。

    「私」:かわいい名前だね。

    SCP-KAWAII-JP-J:そうかな?…そうかも。

    「私」:じゃあ、次の質問です。今の年齢は何歳ですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:なんさい?

    「私」:えっと…今いくつですか?

    **SCP-KAWAII-JP-J:んーと…█つ!

    「私」:なるほど…じゃあ、次の質問です。お父さんやお母さんはどんな人ですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:お父さん…お母さん…

    [SCP-KAWAII-JP-Jが泣き出す]

    「私」:えっ?どうしたの?えっ?

    〈記録終了〉

    インタビュー記録SCP-KAWAII-JP-J-3


    インタビュアー: 「私」
    対象: SCP-KAWAII-JP-J


    〈記録開始〉

    「私」:今日はインタビューをしたいんだけど…準備はいいですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:やだ。こわい。

    「私」:そっか…

    [数秒間の沈黙]

    「私」:██ちゃん、インタビューでこわいこと聞いちゃったから、これをあげます。

    SCP-KAWAII-JP-J:なにそれ?

    「私」:日記です。

    SCP-KAWAII-JP-J:にっきってなに?

    「私」:今日あったことを書いてとっておくものです。

    SCP-KAWAII-JP-J:ふーん。ありがと。

    〈記録終了〉

    インタビュー記録SCP-KAWAII-JP-J-4


    インタビュアー: 「私」
    対象: SCP-KAWAII-JP-J


    〈記録開始〉

    「私」:██ちゃん、ここでの生活はもうなれたかな?

    SCP-KAWAII-JP-J:うん!毎日楽しいよ!おねーさんの作る料理美味しいし。

    「私」:そっか、嬉しいな。私、料理はそんなに得意じゃないんだけどな。

    SCP-KAWAII-JP-J:そんなことないよ!おねーさんの料理はとっても美味しいよ!

    「私」:ありがと。じゃあ今日もインタビューをはじめます。準備はいいですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:怖いこときく?

    「私」:きかないよ。大丈夫。

    SCP-KAWAII-JP-J:わかった。がんばる。

    「私」:じゃあ一つ目の質問。好きな動物は何ですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:いぬさん!あっ、でもねこさんもかわいいし…うーん…どっちも好き!

    「私」:そっか、両方かわいいもんね。

    SCP-KAWAII-JP-J:うん!

    「私」:じゃあ次の質問。好きな食べ物は何ですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:んーと…ハンバーグ!あとプリンも好き!

    「私」:そういえばプリンはここに来てから食べてないね。インタビュー終わったら、ハンバーグの材料と一緒に買ってくるね。

    SCP-KAWAII-JP-J:やったぁ!

    [SCP-KAWAII-JP-Jが椅子の上ではしゃぐ音]

    「私」:危ないからやめようね。

    SCP-KAWAII-JP-J:うん。わかった。

    「私」:次の質問です。きらいな食べ物は何ですか?

    SCP-KAWAII-JP-J:ピーマンとにんじん…

    「私」:そっか、じゃあおいしく食べれるように頑張ってみる。

    SCP-KAWAII-JP-J:どうして?

    「私」:きらいなものが多いより好きなものが多い方が素敵だと思うからかな。

    SCP-KAWAII-JP-J:うーん…むずかしくてよくわかんない。

    「私」:そうだよね…でも、嫌いなものをおいしく食べられたら素敵じゃない?

    SCP-KAWAII-JP-J:うん!

    「私」:これで今日のインタビューは終わりです。お疲れさまでした。

    SCP-KAWAII-JP-J:やったぁ!

    「私」:じゃあお買い物行ってくるね。

    SCP-KAWAII-JP-J:いってらっしゃーい。

    〈記録終了〉

    付録

    %E7%84%A1%E9%A1%8C167_20230108002611.png

    ██ ██の捜索願いのポスター[修正済み]

    付記1
    日付: 202█年3月27日
    3年前の202█年4月に行方不明になった██ ██が発見されました。犯人がSCP財団の職員だったため一時的に財団が保護し、かわいい以外の異常性は確認されなかったため後に自宅に返されました。犯人の職員は財団によって終了させられました。また、犯人の職員は██ ██をSCP-KAWAII-JP-Jと呼称し、特別収用プロトコルを作成していました。

    このような前例ができたため当たり前だが書いておく。
    財団職員はくれぐれも誘拐などしないように。
    我々の目的は異常存在を確保し、収容し、保護することだ。

    ██ ██かわいかった。

      • _

      付記2
      日付:202█年3月30日 

      財団職員小林の日記


      今日はとある話題でもちきりになった。
      ある女性職員が自宅で収容(笑)してたSCP(笑)についての話だ。

      そのSCP(笑)はめちゃくちゃかわいい女の子で、そのかわいさを異常性と勘違いして、女性職員は自宅で収容(笑)していたらしい。まったくバカな話だ。かわいいだけのSCPがいるわけないだろ。

      それにしても妙だったのは、俺の同僚の久保がそのSCP(笑)をかわいいって言ったことだ。幼女に興味なんてさらさらなく、年上で巨乳なお姉さんが好きな久保が幼女をかわいいって言うなんてな。まあ、恋愛感情じゃないって言ってたしただ単純にかわいかっただけだろ。

      俺もロリコンじゃないがそのSCP(笑)はかわいいと思ったからな。年上一筋の久保もそう思うさ。

      付記3
      日付:202█年4月1日

      財団職員久保の日記


      今日も散々な日だった。

      何がエイプリルフールだ、こっちは本気だって言うのに。他の職員は他のサイトで収容違反が起こったとか毎年ふざけたことを言いやがる。エイプリルフールにそういうことを言わなきゃいけないルールでもあるのだろうか?

      ただ去年のエイプリルフールに俺が言ったことがホントになったのが衝撃的だった。██ ██ちゃん。この子は本にかわいい。年下のことをかわいいと思ったことがない俺がここまでかわいいと思うんだ。これは紛れもなくSCPオブジェクトだ。

      手元に写真はある。これをDクラス職員に見せる実験をしよう。██ ██ちゃんが誰かにまた誘拐される前に、財団が保護しなければ。

      付記4
      日付:202█年4月2日

      財団職員久保の日記


      俺と面識のある博士何人にもお願いしたが実験の許可をしてくれない。財団が一時的に保護した時の実験でかわいい以外の異常性が無かったから、新たに実験はしなくていいだろうって口を揃えて言いやがる。

      一応、写真は見せたが、「かわいいな」と言って全員コピー機で写真をコピーしただけだった。明らかに異常だ。こんなにかわいい女の子を保護しようとしないなんて。

      誰もこの子の危険性をわかってくれない。諦めて普段の仕事に戻ろう。

      付記5
      日付:202█年4月10日

      財団職員小林の日記


      今日はなんかとんでもないことになっていた。前にSCPと勘違いして自宅に幼女を収容(誘拐)したって話があったんだが、その収容されてた幼女のファンクラブが設立されていた。このサイトだけじゃなく日本支部全体で。

      ファンクラブは彼女はSCPだから収容し、保護しろってO5評議会に申請を出したらしい。

      俺も入っとこうかな?久保も入ってるみたいだし。

      付記6
      日付: 202█年4月12日
      O5評議会より通達:財団内の██ ██(以後、SCP-KAWAII-JP-J)の写真(以後、SCP-KAWAII-JP-J-a)を全て削除してください。また、SCP-KAWAII-JP-J及びSCP-KAWAII-JP-J-aに暴露した全ての財団職員を終了させてください。

      付記7
      日付: 202█年4月13日
      O5評議会より通達:全世界のSCP-KAWAII-JP-J-aを削除してください。また、SCP-KAWAII-JP-J及びSCP-KAWAII-JP-J-aに暴露した全ての人間を終了させてください。また、SCP-KAWAII-JP-Jを発見し即座にサイト█████に収用してください。

      付記8
      日付: 202█年4月16日
      SCP-KAWAII-JP-Jを██市の██公園で発見、回収しました。回収時の諸事情により、サイト「私の部屋」に収用しました。
      以降、SCP-KAWAII-JP-Jは職員「私」に特別収用プロトコルに基づいて管理されます。

読んでくれてありがとうございます


批評していただきたい点
①記事を最後まで読んだ上で、どのような解釈をしたのか
②報告書らしい文体になっているか
③説明不足または過多な部分はないか
④その他誤字脱字等
の4つです。特にどのように解釈したかは書いて欲しいです

付与予定タグ: scp jp joke kawaii


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The hahimon's portal does not exist.


エラー: hahimonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6869424 (24 Nov 2022 16:19)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License