【下書き】SCP-xxx-JP:博士の異世界転生エルア外教コンタクト!!

現在このページの批評は中断しています。

こんにちは!
この度、記事を初投稿しようと思い下書きを作成いたしました!

2020/11/15:とりあえず書くだけ書いただけで現状構文とかは無視しています。。。
2020/11/16:構文を追加してみました! 


ここにそれっぽい写真張り付け

アイテム番号: SCP-xxx-JP
オブジェクトクラス: Safe
特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト8123の低危険性物体保管ユニットに保管されます。市場に流れたSCP-XXXX-JPはカバーストーリー「低品質なコンタクト」を流し回収してください。また、現在実験は禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは「博士の異世界転生邪気眼コンタクト!」と題された6色のコンタクトレンズです。赤、黄、青、ピンク、緑、黒それぞれSCP-AからEに分類されています。また、共通して中心部にGoI-101"エルマ外教"の紋章に酷似した紋章が刻印されています(コンタクトレンズが梱包されてる箱にも同様の紋章が記載されており"エルア外教"と記載されています)。
着用することにより「異世界」とされる映像を確認することができ、コンタクトレンズの色毎に異なる映像が再生されます。映像の最後に「気に入ってくれたかな?さあ、トラックへ突っ込んでこの世界に転生しよう!」と表示され、以降映像が繰り返し再生されます。
本オブジェクトを装着した状態で車両(実験の結果トラック以外の車両でも転移が発生することが確認されました)に接触、死亡することにより脳組織及びコンタクトを付けた眼球が地球外を起源と予想されるランダムな生物の脳組織及び眼球に相当する臓器と入れ替わります。結果頭蓋骨の形状不一致などの要因により被験者は即死します。
SCP-XXXX-JPは2020年xx月に未成年の自殺者が急増したことにより財団に探知され、自殺者の部屋を調査した結果発見されました。同時に回収された取り扱い説明書には下記記載がされています.

良い子のみんな!博士はアニメや漫画がとても好きなんだ!中でも異世界転生ものが大好きでね!実際に行ってみたいなあって思ったんだ!
そこで、「博士の異世界転生眼」を作って見たよ!
転生方法は簡単、中に入ってるカラーコンタクトを付けてみて、転生したい異世界を見つけたらトラックへGO!転生後女神様のチュートリアルを聞いて新しい人生の始まりだ!
楽しもうね!

実験記録
Dクラスの眼球に小型監視カメラを埋め込み、異常性を再現する。転移した後の映像記録はプロトタイプ脳間転移システム(脳でワープする「SCP-3121」能力を応用)を使用し、回収した。

実験1
コンタクトレンズの色:赤
被験者:D-xxx
出力:D-yyy
着用時の映像:一般的に「ファンタジー世界」と呼称される光景が確認できる。
映像記録:転移後に(考案中)

実験2
コンタクトレンズの色:黄
被験者:D-xxx
出力:D-yyy
着用時の映像:一般的に「サイバーパンク」と呼称される光景が確認できる。
映像記録:(考案中)

実験3
コンタクトレンズの色:青
被験者:D-xxx
出力:D-yyy
着用時の映像:海底に輝く都市の光景が確認できる。
映像記録:(考案中)

実験4
コンタクトレンズの色:ピンク
被験者:D-xxx
出力:D-yyy
着用時の映像:アニメキャラクターに似た女性人型実態が多数確認できる。
映像記録:(考案中)

実験5
コンタクトレンズの色:緑
被験者:D-xxx
出力:D-yyy
着用時の映像:不明な生物が培養液にたたずんでいる、研究所のような光景が見える
映像記録:(考案中)

実験6
コンタクトレンズの色:黒
被験者:D-xxx
出力:D-yyy
着用時の映像:宇宙空間が確認できる
映像記録:(考案中)

インシデント

突如研究員の脳組織及び眼球が不明な生物の物と入れ替わる事件が発生。生物の目にはが実験で使用したSCPが装着されており、原生生物が装着した結果転移したと思われる


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The haguruma's portal does not exist.


エラー: hagurumaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6364186 ( 15 Nov 2020 14:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License