Guil_T_orickの提言
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel Binah

特別収容プロトコル: SCP-001-JP-Aは専用の実験サイト-81██の母体収容型人工授精装置の中に収容して下さい。SCP-001-JP-Aの健康状態は常に管理され、また常に昏睡した状態で収容して下さい。

生まれたSCP-001-JP-Bは回収し、検査後に手順に従って全血液を採血して下さい。

現在、SCP-001-JPを使用した実験はO5の権限によってのみ可能となっています。レベル5/001クリアランス権限を持つ職員はSCP-001-JPの異常性の原理解明に従事してください。

説明: SCP-001-JP-Aは外見上異常性の無い26歳の日本人女性です。SCP-001-JP-Aの異常性は対象が胎児を孕んだ時に発現します。SCP-001-JP-Aが孕む胎児(SCP-001-JP-Bとする)は、異常に高い認知抵抗値(Cognitive Resistance Value:CRV)を有し、財団が一番最初に脳波を検査したSCP-001-JP-B-2のCRVは173.0であり、これは一般成人男性の平均CRVの約12倍です。またSCP-001-JP-Bは体内のHm値が2に固定されています。SCP-001-JP-Aから卵子を取り出し、体外受精を行った場合異常性の無い子供が産まれるため、卵子ではなく胎内に異常性があると考えられます。SCP-001-JP-Bはどの個体も産まれて間もなくショック死します。実験により、この原因はCRVが高過ぎるという点にあるとされていますが、高いCRVが死に繋がる理由はまだ解明されていません。

SCP-001-JPはSCP-001-JP-Bの血液です。SCP-001-JPには規定の血液型に当てはまらない未知の構成をしています。SCP-001-JPが人間に輸血された場合、対象がどの血液型であっても抗体に反応されず体内に残り、通常の血液の機能を発揮します。SCP-001-JPを輸血された人物は、その量によってCRVが上がり、認識災害に対する抵抗を持ちます。これによりSCP-001-JPは、全世界に認識災害、またはミーム汚染が広がってしまった場合の対抗策になると考えられ、Thaumielクラスのオブジェクトとして認定されました。

輸血した血液の量によるCRVの上昇率を測り、その他人体への影響を観測する為の実験をしました。以下がその記録です。

実験記録

対象: D-60500(CRV10.4)

血液の量: 1ml

結果: 対象のCRVは0.3上昇。

対象: D-60500(CRV10.7)

血液の量: 4ml

結果: 対象のCRVは7.9上昇。さらなる実験により、レベルⅡ認識災害オブジェクトに対する抵抗を持つ事が判明。

対象: D-60500(CRV18.6)

血液の量: 20ml

結果: 対象は発狂した後ショック死。CRVは102.1上昇。死亡した後も体内のHm値が2で固定されている。

分析: 対象はSCP-001-JP-Bに限りなく近い状態となり、ショック死した。CRVが何故ショック死に繋がるのかは分からないが、他の要因が見つからない。対象は発狂している間、周りの職員達に恐怖を抱いていたように見えた。「来るな!来るな!」と叫びながら死んだんだ。-真奈博士

対象: D-60501(13.4)

血液の量: 15ml

結果: 対象のCRVは71.1上昇。対象は検査中終始憂鬱そうな態度であった。レベルIX認識災害オブジェクトに対する抵抗を持ち、体内のHm値も2で固定された。対象は検査後に遺書を遺し自殺した。

遺書の写し

俺が見たものについて、あまり多くは語れない。周りの景色は何か変だったし、クソッタレな生き物が助けを呼んでいるようだし、あんたらの顔も…
おそらく俺は真実を知ってしまった。あらゆるものの真実。知らない方が良い真実。つまり、今俺達が生きているこの世界は、何か紛い物で満ち溢れている。とても美しい、化粧の様な紛い物だ。だからそれでいい。知らない方がいい事はたくさんある。
俺も今すぐ死のう。もっと実験する必要があったのなら謝ろう。だが俺はもう生きていられない。死後の世界に行くとするよ。

ああ、しかし、すげぇなぁ。

空ってこんなに綺麗だったんだ。

この実験結果を受け、SCP-001-JPを使った積極的な実験は停止。SCP-001-JPはThaumielクラスとして扱うには精神への影響が強く、また何らかの認識災害や現実改変に暴露されている今現在の世界を理解する手立てになる為、Binahクラスのオブジェクトとして再認定されました。











































ERROR

The Guil_T_orick's portal does not exist.


エラー: Guil_T_orickのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:guil-t-orick ( 12 Jun 2018 04:04 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License