あなたが私を忘れるとき

このページの批評は終了しました。

yamagoya

SCP-XXXX-JPの外見

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP周辺の森林は高さ3.5mの電気柵を用いてSCP-XXXX-JPを中心に半径600mの円形で囲うように収容してください。SCP-XXXX-JP内部は2週間に一度、Dクラス職員2人を使って点検をしてください。SCP-XXXX-JPの影響が電気柵の外まで及んだ場合、カバーストーリー”猪出没”を用いて周辺住民を避難させてください。また、SCP-XXXX-JP-1を聞いた民間人にクラスA記憶処理を実施してください。SCP-XXXX-JPの探索、実験はクリアランスレベル3/XXXX-JP以上を保有する職員2名の許可が必要です。SCP-XXXX-JPの探索、実験などはいかなる人物においても許可されません。

説明: SCP-XXXX-JPは日本███県██村南東に位置する森林の中にある小屋です。構成物質は不明ですが、外見上は木材です。SCP-XXXX-JP内部は一般的な山小屋を模した造りになっており、ある壁の一面に大きな絵画(SCP-XXXX-JP-aと呼称)があります。

SCP-XXXX-JP-aのデザインは見るたびに変化し、観察者の記憶にある懐かしいと思わせるデザインになります。その為、観察者は主に懐古的な発言をします。この時、複数人が観察者となった場合、その中の1人からランダムに対象が選ばれます。この絵画には内部に侵入することが可能で、入ると絵画に描かれていた情景が広がります。この空間はとても広く、レーザー測定が行われましたがその全長を測ることはできず、無限に続くと考えられています。内部に侵入者が生存している場合、絵画のデザインは侵入者が入った時のままになります。

SCP-XXXX-JPを中心に半径400m 500m 550mに入った人間はどこからか人の呻き声のような音(以降SCP-XXXX-JP-1と呼称)が聞こえます。SCP-XXXX-JP-1の発生源は不明ですが、SCP-XXXX-JPに近づくにつれ大きさが増していきます。また、SCP-XXXX-JP-1を直接聞いた人(以降暴露者とする)はSCP-XXXX-JPへ行き、SCP-XXXX-JP-aの内部に入りたい衝動にかられます。この強制力は強く、どのような場合においても無理矢理突破してSCP-XXXX-JP-a内部に侵入しようとしますが、クラスA記憶処理によって完全に影響を無くすことができます。

SCP-XXXX-JP-a内部にはSCP-XXXX-JP-bと呼ばれる未知の生物が存在しています。SCP-XXXX-JP-bは観察者によって見た目が変わり、観察者の親族や古くからの友人の姿に見えます。SCP-XXXX-JP-bはビデオカメラなどの映像媒体などで記録はできません。侵入者はSCP-XXXX-JP-bに近づいて可能な限りコミュニケーションを取ろうとします。しかしながら、SCP-XXXX-JP-bは一切の反応を示しません。また、SCP-XXXX-JP-bに触れる試みは成功していません。


補遺: SCP-XXXX-JPは日本███県██村の学校で"呪いの小屋"として話題になっていたところが財団の注目を集めたことで発見、収容ということになりました。SCP-XXXX-JPの存在を認知していた住人に対してクラスA記憶処理を行い、カバーストーリー"自然保護区域"を適用することで今の形での収容に成功しました。

追記: 20██年1/13にSCP-XXXX-JP-1の範囲が500mから550mに広がっていたことが判明されました。範囲拡大の原因が不明な為、周辺職員は十分に注意してください。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Func_Inte's portal does not exist.


エラー: Func_Inteのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7254299 ( 03 Feb 2021 22:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License