SCP-XXX-JP 女 (下書き)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Thaumiel

特別収容プロトコル:は(執筆中 一般的な人型SCPを収容する方法を想定)

説明: SCP-XXX-JPは20代から30代とみられる日本人男性です。█年前からサイト-81██に職員として在籍しており、20██/██/██にSCP-██-JPの収容違反を手助けしようとしたところを財団職員に発見され拘束されました。その後財団のデータベースに照合したところ過去██年間にわたって名前を変えながら財団に所属していたことが判明し、収容されました。
SCP-XXX-JPの異常性は、長寿命であること以外には特筆すべき事項は確認されず身体的には一般人との差異はないと考えられています。

インタビューログ - SCP-XXX-JP 日付20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: █博士

<録音開始>

█博士:それでは、インタビューを始めます。質問に答えて下さい。

SCP-XXX-JP:あれ?彼女じゃないんですね。

█博士:  █研究員には別の作業に移ってもらいました。インタビューに関係のない発言は控えてください。
何故あなたはSCP-██-JPの収容違反を手助けしようとしたのですか?

SCP-XXX-JP: そろそろ頃合いかと思いまして。

█博士: 頃合いとは?どういうことでしょうか?

SCP-XXX-JP: 昔あの本(SCP-██-JP)を使ったことがあるんですよ。その効果が薄れてきたのでもう一度上書きしようと思いまして。

█博士:  SCP-██-JPを用いて何を行ったのですか?

SCP-XXX-JP:「女」を生み出したんです。

█博士:  SCP-██-JPはミーム系のSCPで、そのような異常性は確認されていませんが?

SCP-XXX-JP: いえいえ、概念としての「女」を生み出したんです。つまりは、性別による差異を認識できるようにしたってことですね。

█博士: つまり、それ以前には男女の区別は存在しなかったということですか?

SCP-XXX-JP: はい、ただの「人間」です。なんの違いも意識しなかった。
まあ、血液型みたいな感じかな。A型とかB型とか。発見されるまで意識されなかったし特に違和感もない。卵巣を持っているか精巣を持っているかの違いでしかなかった。

█博士: なるほど。なぜそんなことをしたのですか?

SCP-XXX-JP: 暇つぶしですよ、ただの。ずっと生きていると退屈でね。
私は水面に広がる波紋を見るのが好きなんです。だから石を投げ込んだんです。

█博士: 波紋ですか。

SCP-XXX-JP: ええ、波紋です。

<録音終了>

終了報告書: SCP-XXX-JPが過去にSCP-██-JPを用いて大規模なミーム汚染を引き起こしていたことが判明しました。さらなる異常性の調査のため引き続きインタビューを行います。また、間接的にとは言えSCP-XXX-JPが過去に起こしたミーム汚染の大きさから、オブジェクトクラスをEuclidからThaumielに再分類することを提案します。以上。 - █博士

以後5回にわたってインタビューを行いましたが。新たな情報は得られませんでした。

現在あなたは旧版の文書を閲覧しています。最新版を閲覧するにはここをクリックしてください。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Thaumiel Neutralized

特別収容プロトコル:は設定されていません。

説明: SCP-XXX-JPは20代から30代とみられる日本人男性です。█年前からサイト██に職員として在籍しており、20██/██/██にSCP-██-JPの収容違反を手助けしようとしたところを財団職員に発見され拘束されました。その後財団のデータベースに照合したところ過去██年間にわたって名前を変えながら財団に所属していたことが判明し、収容されました。データは改ざんされたものであり、実際には2年間ほどしか在籍していませんでした。
SCP-XXX-JPの異常性は、長寿命であること以外には特筆すべき事項は確認されず身体的には一般人との差異はないと考えられています。長寿命ではなく通常の寿命を持つ人間であると考えられます。

補遺1: 20██/██/██、サイト-81██の収容施設において、█博士がSCP-██-JPを違法な手順で持ち出しSCP-XXX-JPと接触しました。█博士はSCP-XXX-JPと3分ほど話した後SCP-XXX-J P所持していたボールペンで襲い掛かりました。この時点で異変を察知した財団職員が█博士を拘束しましたがSCP-XXX-JPは左手の甲に約8㎝の傷を負いました。

インタビューログ093-JP-01 - 日付2005/██/██

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: █研究員

付記: このインタビューは上記の事案発生から2週間後に行われたものです。█博士は解雇処分となったため前任の█研究員が担当となりました。

<録音開始>

█研究員: こんにちは。怪我の調子は大丈夫ですか?

SCP-XXX-JP: ええ、おかげさまで。

█研究員: それでは、インタビューを始めます。質問に答えて下さい。

SCP-XXX-JP: はい。

█研究員:  事件発生時に█博士と何を話していたのですか?

SCP-XXX-JP: さあ、なんだろうね。何か彼の逆鱗に触れてしまったんだろうね。

█研究員: あなたは何者ですか?財団のデータをもう一度確認したところ、改ざんされていることが分かりました。また、手の傷の治り方も他の人間と何ら変わりがありません。

SCP-XXX-JP: あらら、そこまでばれちゃってるのか。

█研究員: しかし、あなたの出自はいくら調べても出てきません。あなたは何者ですか?

SCP-XXX-JP: 私は石だよ。

█研究員: 石?

SCP-XXX-JP: そう、ただの石。水面を波打たせる。

█研究員: そうですか。では、かつてあなたがSCP-██-JPを使用したというのは?

SCP-XXX-JP: あれも作り話さ。彼にはだいぶ気に入ってもらえたみたいだけどね。

█研究員: なぜ、そんなことを?

SCP-XXX-JP: 暇つぶしだよ。

█研究員: 暇つぶし…

SCP-XXX-JP: 最初、彼は自分を中立的な人間だと考えていた。差別など無意識に考えないようにしていた。しかし、私が表れた。彼には魅力的に映っただろうね。すべての罪は私という悪によって生み出されたものなんだから。全部私のせいにすればいい。だから直視できた。
でも、事実は違った。私はただの人間で差別は元々そこにあった。彼の心は滅茶苦茶だ。
彼がしがみついている「男」は私が生み出したものじゃない。
彼が今まで演じてきた「男らしさ」も私が生み出したものじゃない。
彼が今まで押し付けてきた「女らしさ」も私が生み出したものじゃない。
真実を教えた時の彼の顔は最高だったね。

█研究員: そんな風に人をからかうためだけにデータの改ざんや財団への潜入をしていたのですか?

SCP-XXX-JP: 何?人を殺さないと物足りない?

█研究員:  ……いえ。インタビューを終了します。

<録音終了>

終了報告書: █博士はSCP-XXX-JPによって自分が根源的な何かを発見したと錯覚して、踊らされたのだと思います。SCP-XXX-JPは通常の人間なので収容はせず、A記憶処理を施したうえで開放することを提案します。- ██研究員

補遺2: 20██/██/██、サイト-81██においてA記憶処理を行う前のSCP-XXX-JPが5つのSCPを持ち出したうえで収容違反を起こしました。現在もSCP-XXX-JPの行方は分かっていません。

ERROR

The fumihito's portal does not exist.


エラー: fumihitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7216736 ( 14 Jan 2021 09:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License