URA-001-JP
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}


評価: 0+x


冰の提言 - 滅尽

SCP-001-JP » 冰の提言 - 滅尽


当該オブジェクトはその危険性と即応対策の必要性から暫定的にオブジェクトナンバーをURA-001-JPに指定され、リスト最上部に配置されています。
収容違反がいっぱい発生したよー
そのせいで1153-JPが起動させられちゃったよー
頑張って抗おうねー

RAISA-JP管理官、山本 渚


Warning!

This component was migrated to the minacata wiki.

see: http://minacata.wikidot.com/classification-header

アイテム番号: URA-001-JP
オブジェクトクラス: Tiamat
Level 0/001-JP
Declassified


特別指定/アイテム番号-URA: 未登録アノマリー(UnRegistered Anomaly)は、異常存在と推定される対象への仮登録に用いられる番号です。

特別定義/オブジェクトクラス-Tiamat:アイテムは人類に対し喫緊の脅威となりますが、公の戦闘など、ヴェールを破るような方法によって「収容」することはできます。

暫定殲滅措置/戦略的対処プロトコル: BK-クラス:ヴェール棄却シナリオ、GOC極東支部要注意団体などと一時的/恒久的に協力

説明: URA-001-JP

マンハッタンを参考に

世界線収束範囲アトラクタフィールド

SCP-001-JP及びSCP-001-JP-1、SCP-001-JP-2の敵対的工作により日本支部は財団本部を含めた他支部への連絡手段が途絶された状況にあります。電子的手段による連絡、及び航空機やSCPS艦船による渡航、SCP-████-JPを用いた空間転移などが試みられましたがいずれも失敗に終わっています。これらの情報、交通封鎖はサイト管理者や日本支部理事に対しても有効であり、SCP-001-JP-1,2により危害を加えられる危険性を考慮した結果、スクラントン現実錨により現実改変作用を制限したシェルター内での避難を余儀なくされています。当該文書を財団職員内に流布することで現状の打開を図っている状況にあります。「hannyaharaの提言 - 最後の一人」より


esoteric-class jp scp 001提言



ページ情報

執筆者: 08sr_
文字数: 6812
リビジョン数: 321
批評コメント: 0

最終更新: 27 Jul 2022 23:31
最終コメント: 批評コメントはありません

参考&設定的なもの: SCP-1153-JP - 一人去るときが作動させられた時のセカイ[1]
多時間軸監視記録編纂用aic『^rixl.aic』
AiHeの提言Ⅱ - 剥奪
hannyaharaの提言 - 最後の一人
或る西瓜の提言 - 焚書坑儒計画
SCP-1111-JP - 国体護持
SCP-1154-JP - 見られるべき夢
SCP-1941-JP - その時歴史が動かなかったら
SCP-2043-JP - 死刑執行に関する法案/そして何もない/哀願完全平等A3!灰色犯罪者VS最終的プリズン
SCP-2199-JP - ハイコンテクスタリゲーター
SCP-2501-JP - 廻り舞台
SCP-2910-JP - 魔法少女はマンハッタンの紅き闇を飛ぶ
SCP-2911-JP - 合衆国の一番長い日
SCP-2944-JP - --知外崩権-- コトダマンの逆襲 三題噺総進撃
日本超常組織平和友好条約機構 ハブ
EianSakashiba author page
宇美海博士の人事ファイル
シュワルツシルト解を用いたヒューム値の求め方

ERROR

The 08sr_'s portal does not exist.


エラー: 08sr_のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6943710 ( 18 Dec 2020 16:27 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License