1
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在、低脅威度物品保管庫に収容されています。SCP-XXX-JPによる影響を受けた際は速やかに記憶処理を行ってください。また、SCP-XXX-JPを人に見せる、または自ら見ることは推奨されません。

説明: SCP-XXX-JPは白色の1辺が3cmの立方体です。立方体の各面には、向かい合う面に書かれた点の個数が7個になるように赤または黒色の点が書かれています。赤色の点は1つのみで、ある面に1つだけ書かれています。(この面に向かい合う面の点は黒色で6つ書かれています。)このオブジェクトの重量は20g、また材質はプラスチックです。赤、黒ともに点はごく一般的なインクで書かれています。1
SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPを「サイコロ」と認識した瞬間に発生します。
 以下がSCP-XXX-JPに関する実験記録です。

実験記録1 - 日付20██/██/██

対象: D-285634

実験方法 SCP-XXX-JPを転がす

結果: D-285634は「ちょっと待て、この████って7の目があるのか」と発言。実験後、D-285634には記憶処理を施し、業務に戻せらました。

分析: SCP-XXX-JPには一般的な████に存在しない数字が現れると判断されました。

実験記録2 - 日付20██/██/██

対象: D-306425

実験方法 SCP-XXX-JPを転がす。

結果: D-306425と同伴していた試験官は「初めて見たがあれは確かに-1の目だ」という趣旨の発言をしました。実験後、2人にはD-306425と同様の処置を行いました。

分析: SCP-XXX-JPは複数人にも影響を与えると判断されました。

以降、同様の実験を行ったところ、SCP-XXX-JPは整数だけでなく、無理数や虚数などの数字を認識させることも発見されました。また、人数に関わらずSCP-XXX-JPを████と認識したとき、認識した全員が同じミーム汚染を受けます。

実験記録8 - 日付20██/██/██

対象: D-698547

実験方法: SCP-XXX-JPを認識後、一般的な████を見せる。

結果: 7の目や0の目を認識しました。

分析: SCP-XXX-JPは自身以外の数的表現にも影響を与えるのでは無いかと判断されました。

実験記録7 - 日付20██/██/██

対象: D-147856

実験方法: SCP-XXX-JPを認識後、一般的なトランプを見せる。

分析: 14のカードや3.2などのカードを認識しました。

結果: 数字そのものにも影響を与えると判断されました。

以降、複数回同様の実験を行ったところ、カレンダーや時刻などにも影響を与え、アラビア数字だけでなく、ローマ数字や漢数字など、数を表すものに影響を与えると判断されました。

また、SCP-XXX-JPの影響を受けた際には記憶処理が有効であることがわかりましたが、記憶処理をする際にはSCP-XXX-JPを認識する瞬間からの記憶処理をする必要があります。

補遺:


ERROR

The Fluid dynamics's portal does not exist.


エラー: Fluid dynamicsのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5435856 ( 11 Mar 2020 00:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License