SCP-☓☓☓☓-JP「観覧者」

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x
176D4C47-0B89-4851-9899-DF3EC2B85CD7.jpeg

航空機から撮影したSCP-☓☓☓☓-JP

アイテム番号: SCP-☓☓☓☓-JP

オブジェクトクラス: Keter→Neutralized

特別収容プロトコル: その滞空位置から、SCP-☓☓☓☓-JPの物理的な収容は不可能と判断されています。担当職員はSCP-☓☓☓☓-JPを24時間体制で計器による観測を行い、電波の発生が確認された場合は指向性の特定と共に暗号解読班による解読を最優先で行なってください。

説明: SCP-☓☓☓☓-JPはアメリカ合衆国フロリダ州のケープ・カナベラル上空30kmに存在する人型実体です。外見上は「陶器の様な」と表現される白色の幼児の姿をしていますが、頭部の感覚器・頭髪及び性器が消失しています。SCP-☓☓☓☓-JPは通常、地上を覗き込み手を伸ばすような体勢を取っていますが、調査の結果、SCP-☓☓☓☓-JPは微量の電磁波とγ線を発していることが判明しています。

SCP-☓☓☓☓-JP-1はSCP-☓☓☓☓-JPの背面に滞空している実体です。SCP-☓☓☓☓-JP-1は不定期に形状を変化させる異常性を有しており、この変化には大規模な電波の発生という事象が伴います。変化は不定期かつ突発的に発生するため事前に変化を予測する試みは全て失敗に終わっています。SCP-☓☓☓☓-JP-1の変化対象は物的なものに限らず、風景を切り取った写真の様な形態に変化した例や実体を持たない音として観測された例も報告されています。変化した状態の一覧は補遺█を参照してください。

SCP-☓☓☓☓-JP-1の1km圏内まで接近した人物(以下、対象)はSCP-☓☓☓☓-JP-1に関する視覚的又は聴覚的特徴や周辺の状況等の情報を完全に記憶し、また当該情報に対する忘却能力への非常に強い耐性を獲得します。この記憶異常は対象に集中力の低下や認識能力の低下、ノイローゼなどの症状を齎します。現状Bクラス以上の記憶処理を行うことで多少の症状緩和効果が認められる事が判明していますが、根本的な症状の根絶には至っていません。またこの異常性はミーム的性質も内包しており、対象は「自身の体験した不思議な出来事」として他人への積極的な情報拡散を試みます。

発見記録: SCP-☓☓☓☓-JPは1977年9月5日、無人惑星探査機ボイジャー1号の打ち上げの際に突如空中に出現した事から財団の注意を引きました。発見時SCP-☓☓☓☓-JP-1は一般的な観覧車のフレーム部分と見られる全長120mの金属体の形状を保った状態で発見されました。派遣された財団エージェントが航空機を用いてSCP-☓☓☓☓-JP-1に飛び乗り探索した結果、観覧車のフレーム部分は未知の金属で構成されておりSCP-☓☓☓☓-JPを中心に微量のγ線と放射線が放出されている事や構造上不必要とされるフレームが複数箇所に見受けられる事などが判明しました。エージェントは無事帰還しましたが、探査から3ヶ月後に行われた職員の定期検診においてSCP-☓☓☓☓-JPに関する情報を異常なまでに記憶しており「頭の中にいつもSCP-☓☓☓☓-JPがいて離れない」と報告。業務に明確な支障をきたすと判断され財団フロントの精神病院に移送されました。これにより精神疾患が前述したSCP-☓☓☓☓-JPの異常性であると判明し、プロトコルの改稿が行われました。

現在、SCP-☓☓☓☓-JPの

補遺: 2020年12月21日。鴉羽博士が日本の██県█市上空のSCP-☓☓☓☓-JP-1個体の端末と思われる人間のSCP-☓☓☓☓-JP-2個体と接触しました。監視していた財団エージェントが音声記録を解析した結果、高速で復唱される成人男性らしき人声とザトウクジラの歌に酷似した音声によって構成されている事が判明しました。人声の内容は以下の通りです。

補遺2

観測日 変化対象 備考
1977/9/5 観覧車のフレーム 全長120m。緩やかな速度で反時計回りに回転している。
1979/3/5 木星に酷似した球体。 本来の木星の100万分の1のサイズ。
1982/4/23 実体なし ザトウクジラ()の歌に酷似した音声を観測。微小なノイズ。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The first man's portal does not exist.


エラー: first manのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4294355 ( 25 Jun 2019 23:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License