記憶処理

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


朝起きてドアを開けるとそこには…

おぞましい怪物が道を壊しながら歩いていた。
「なんだよこいつ…!」
「人がいたぞ!早くこっちへ!」
反射的に聞こえた声の方へ走り込むと、男と数人の倒れた人がいた。
「大丈夫でしたか?」
「ああ、なんとか。それよりなんなんだよあれ…」
と、後ろから何か嗅がされた。
薄れゆく意識の中で男達の声が聞こえる。
「全く…大人しく収容されといてくれよ…。また一般人の記憶処理じゃねぇか」
「で、代わりの記憶はどうする?なんかいいのあるか?」
「普段通りのでいいだろ。変なイベントなんて要らんさ。」
………

いつもの日常が広がっていた。

ERROR

The FeS_ryuukatetu's portal does not exist.


エラー: FeS_ryuukatetuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4577911 ( 01 Oct 2018 12:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License