独白/モノローグ
評価: 0+x

私は、幸せな日々を送りたかった。

私は、ただ『私』でありたかった。


私はいつも『みんな』と一緒だったと思っていた。

別に私は特別なんかじゃない。


それなのに私はずっと『みんな』の玩具にされていた。

薄々気づいてはいた。


『みんな』はずっと、私を指して笑っていたのだ。

けれど私はそこから目を背け続けていた。


味方は、何処にもいなかった。

私の気持ちをわかって欲しかった。


私のやってきたことは、

きっと、『みんな』にとっては迷惑だったのだろう。


全て無意味だったのだ。

馬鹿な私はそれに気づいていなかった。


でも、『みんな』に恨みなどはない。

全部、私が悪かった。


というより、そう考えないととても耐えられなかった。

私は気づいた。『みんな』は優しかった、と。


そう思い込みたかっただけなのだ。

きっと、私の心を傷つけるのは簡単だっただろう。


これは悪夢だと思っていた。
いつか目は覚めると思っていた。

そうはならなかったのは、
『みんな』が協力していたからだった。


信じていた私が馬鹿だった。

その話を聞いた時、頭を殴られたような衝撃があった。


私が受けたのは、信じたものからの裏切り。

あの時居たのは、ただの子供だった。


それが一番恐ろしいものだったのだ。

あの日、そのことに気づいた。


でも、今はここに来られた。

それだけが救いだ。


あんな日々、もう思い出したくはないけど、

暗い過去は誰にも消せないけど、


新しくなった私なら、

押し殺して忘れることはできる。


もう一度、一からやり直せる。

あの日々は無かったことにして、


新しい場所で新しいみんなと話そう。

今まで以上に頑張ればきっと大丈夫。



だから、

だから、



ERROR

The FeS_ryuukatetu's portal does not exist.


エラー: FeS_ryuukatetuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4577911 ( 01 Oct 2018 12:49 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License