Falsehood 8 Ace2

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


 静かに瞑想する、この一時がとても重要だ。全て遠ざけ、内と過去だけを見る。山積の問題も差し迫った脅威も忘れた、ひっそりとした静寂。殊、滅びの近い世界では、安らぎは個々の中にしか無い。
 だが、今日も今日とて、静寂を破く者が来る。

———やあ、調子はどうだい———

「頭なら常に痛いが」

———別に悩みの種が溜まっているかどうかは訊いていない———

「知ってるさ。ねこがいる以外は問題無いよ」
『白虎には曝露したくないな』
 後ろに何者かが飛び降り、着地した様な音。
「冗談だ。私はキャリアじゃない、伝えても問題無い」
『そういう問題ではないと思うが』
 ガラス越しに話す様な、周りと僅かに位相がずれた声。
「耐性ならある」
『"夢見"、か』
 年齢の分からないモンゴロイドの男が、目の前に胡座を組む。
『その"夢"は、近頃は少しか役に立っているのかい?』
「ああ。ある音楽家の音楽を安全に聞ける」
『それは濫用ではないかい?』
 濫用と言えば濫用だ。
サイトが1つ無くなる所だったが、何とか機動部隊の派遣が間に合った。犠牲は多かったが」
『それは、役に立ったと言えるのかねえ……近頃上さんの様子は?』
「変わり無し、だ。今でも馬鹿騒ぎを楽しげに見てらっしゃる。満足して頂けているらしい」
『祭りがコロッセオの役割を果たしてくれていれば良いが。飽きれば更なる興奮を求められるだろう。花見に戻ってくれるとは思えん』
 戻って頂きたい物だが。
『あの祭りが四神の収容に役立ってるのか、何か分かったか?』
「駄目だな。四神を祀り上げる事、花見を続ける事。この2つが崩壊した時点で、もう誰にも分からない」
 それがこの国の限界だ。残党が何か知っているとは思えない。
『それとだ。あまりを外したままにしておいて欲しくないんだが』
「伝えておこう」
 どちらが重要か考えれば……ある程度は仕方が無い。
『……まあ良い』
 目の前の男は、どこからか酒瓶と二つの升を取り出した。
「……」
『安心しろ、脳が溶けたりはしないよ
 まあ、今頃こんな事で警戒する必要も無いだろう。酒が注がれた升を受け取り、口に運ぶ。
「……!」
 旨い! 滑らかな舌触りと爽やかな喉越しに程良い刺激、こんな旨い酒は飲んだ事が無い。
『どうだ、旨いだろう』
 男は、得意げに自らの升を呷った。
『少しばかりささやかな変化をもたらす機械を借りたのと、爽やかな味わいにするスライムを分けて貰ったよ』
「……君がその順を逆にする様な愚か者ではなくて良かったよ」
 まあ、この男を止めろというのは、エージェントや研究者達に酷な話だろう。
『さて、スライムと言えば』
「何だ」
『君達は、まだアレを使っているのか?
「随分と不躾だな」
 "アレ"というのは、やはりあれの事だろう。
『"彼ら"は、私達にはどうしようも無いからな。いっそトカゲでも放ったら、何とかしてくれるんじゃないか?』
「さあな」
 無理だろうな。


『ああ、もうこんな時間か』
 男は、升を一気に空にした。
『さて、変える前に一応訊くが』
「なんだ」
『君達は、逃げる予定は立てているかい?』
「それは、地下の大穴からの脱出か? 空の大穴からか? それとも、真っ白い大穴からか?」
 男は、歩いて私の後に回った。
『全てさ』
 飛び上がる様な衣擦れの音と共に、気配が消えた。

———方法なら探す、もう少し、時間を稼いでくれよ? "鵺"———

「……言われなくとも」
 そのつもりさ。
 犀賀は、また会いに来るのだろう。次は、何か手土産になる物を見付けておいてやらねば。

ERROR

The falsehood's portal does not exist.


エラー: falsehoodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:falsehood ( 02 Jun 2018 23:00 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License