SCP-001 置き手紙

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

不正なリクエストを受けています。

 

不正なリクエストを受けています。

 

財団記録・情報菫晏ョ臥ョ。逅�ア€への通報及び機動部髫翫∈縺ョ騾」邨。縲∝�蜍戊ヲ�請を行います。

 

雋。蝗」險倬鹸繝サ諠��ア菫晏ョ臥ョ。逅�ア€蜿翫�讖溷虚驛ィ髫翫∈縺ョ騾」邨。縺後く繝」繝ウ繧サ繝ォ縺輔l縺セ縺励◆縲�

 

ID:blfwlmlgszevglkvixvrevnv.によりセキュリティ特例要項、記事が改訂されました。




職員コード
パスワード



classified構文は2018年9月9日を以って、scp-jpのcomponentカテゴリに移転されました。
コードを下記の通り修正してください。

変更前

[[include :unofficial-scp-sandbox-jp:classified

変更後

[[include :scp-jp:component:classified-decoration

ディラックの海

ディラックの海内に泡様に存在するSCP-001群を視覚化したイメージ図です。


特別収容プロトコル: SCP-001の収容に特別収容プロトコルは不要です。他のオブジェクトの特別収容プロトコルを徹底して下さい。

説明: SCP-001はディラックの海1内に形成されたオムニバース、正確には約40万の3次元平坦トーラス体群(本報告書が存在する3次元平坦トーラス体を以下"SCP-001-1")です。

SCP-001はディラックの海の均一な反エネルギー場の揺らぎによって発生する正のインフレーションを起点として発生、指数関数的膨張を継続します2。揺らぎの発生原因、揺らぎに密度∞の正のエネルギーが発生する3原因は明らかになっていませんが、ディラックの海の外に存在する正のエネルギーの瞬間的な流入であると考えられます。


職員コード
パスワード

職員コード
パスワード

個々のSCP-001は完全に独立しており、発生後に融合する事はありません。膨張速度の違いにより、SCP-001間での経過時間の統一性は皆無です9


職員コード
パスワード

SCP-001事例により内部物理理論に差異があり、それによりビッグクランチ13ビッグリップ14、過膨張に起因する現実子の疎化による理論崩壊の3通りのディラックの海への再吸収シナリオが存在します。


職員コード
パスワード

職員コード
パスワード

また、極希に再吸収シナリオに必要な要素を全て欠いた永久持続するSCP-001が発生します。この場合、該当SCP-001外部より何らかの影響が発生しない限り、該当SCP-001は消滅しません。

グレートウォール

SCP-001の1事例の構造をその内部より描写した画像です。赤に近い部分がグレートウォール、黒に近い部分が超空洞です。

SCP-001群はそれぞれが内部に多量の物質及びエネルギーを含み、一般的にニュートリノ、ニュートラリーノ、アクシオン、ミラーマター18、バリオンを主な要素とするグレートウォール、宇宙定数(Λ)によって表されるエネルギー19に満ちた超空洞によって構成され、3次元平坦トーラス体の場合は上記2つに加え純空間である平坦トーラス面を構成要素に含みます。SCP-001群はそれぞれが完結した空間ですが同時に相互作用を及ぼすポータルによって接続されており20、ポータルを通じて情報、エネルギー、物質の往来が可能です。基本的にポータルによる接続は幾何学的に同様の空間の曲率を持つSCP-001間に限られます。

SCP-001内では平坦トーラス面の膨張により接触した物質、空間が分解され、SCP-001内外縁部よりエネルギーとして再放射されています。これは"空間の代謝"と定義され、"代謝"によって素粒子の耐久年数が延長される事でSCP-001の超長期的な持続を可能にしています。


職員コード
パスワード

SCP-001群はそれぞれ多世界と呼ばれる無数の重なり合い存在する可能性世界群22により構成されます23。多世界間は多世界それぞれに存在する現実子の励起により分断されており、現実子の持つエネルギー或いは現実子の密度が低下し低ヒューム場となった空間には重なる多世界群からの可能性の流入が発生します。多世界のヒューム値が低下した場合には重なる多世界群から現実子励起エネルギーが流入しますが、重なり合う多世界群全てが低ヒューム場となった場合、構成理論その物が破綻し他のSCP-001群との大量のポータル及び原子の崩壊、異常に多量のエネルギー或いは光子24、グラビトン25、ヒッグス粒子26等の消滅が発生し該当SCP-001は空間の安定状態を喪失、ディラックの海に再吸収されます27

現在SCP-001間及び多世界間での現実子励起エネルギー異常流出、消滅が多数発生しており、内部物理理論が崩壊した複数のSCP-001からディラックの海へ現実子励起エネルギーが流出しています。この現象は自発的消滅を起こさないSCP-001に崩壊を起こす為と解釈されます。

SCP-001群は高確率で内部に複数の知的生物種が発生しており、種の継続期間は事例により大きく異なります。最も一般に発生している知的生物種はソル星系の第3惑星に発生する種(以下SCP-001-A)であり、平均しておよそ30万年間継続します28

SCP-001内に於いて該当SCP-001の内部物理理論と矛盾する存在(以下"異常")が度々出現しますが29、無理論空間であるディラックの海への情報の流出、SCP-001への再転写が主な要因です。

SCP-001-Aを初めとする知的生物種によるSCP-001間及び多世界間での情報、物質、エネルギーのやり取りが行われています。これはポータル及び高度な一致性に依存する共鳴によって媒介されます。現在SCP-001-Aの一部集団によりディラックの海への脱出、開拓が試みられており、SCP-001群の大規模な崩壊或いはSCP-001発生メカニズムの解明に繋がる可能性がある為、注視が必要です。


職員コード
パスワード

 
 
 
 
 
 
 
 
 


職員コード
パスワード


ERROR

The falsehood's portal does not exist.


エラー: falsehoodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3979506 ( 02 Jun 2018 23:00 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License