全ては子供の為に

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPに特別な収容行為は必要ありません。

SCP-XXXX-JPが関連する活動は可能な限りモニターされ、異常が確認された場合には監視AIより直ちに担当職員へ通達が行われます。また、イベントXXXX-JP発生時間、担当職員は全員常に通達の受理、出勤が行える状態で待機していて下さい。

説明: SCP-XXXX-JPは世界各地に存在する192件の工場群です。各工場はSCP-XXXX-JP-001からSCP-XXXX-JP-192までナンバリングされています。

全てのSCP-XXXX-JPはテーマパーク、一般企業の工場、集積拠点或いはそれに類する施設に偽装されており、一般人にその内実が露見する可能性は極めて低いと判断されています。また非常に高い秘匿性を有しており、度重なるエージェント、機動部隊の派遣が行われたにも関わらず内部調査は成功していません1

SCP-XXXX-JPでは市販されているあらゆる製品を製造可能であると見られ、製造法や原料が社外秘となっている一般企業製品の製造も確認されています。機材、材料の搬入は確認されていません。

SCP-XXXX-JPは約180体の人型実体(以下SCP-XXXX-JP-A)によって統括されている他、関連業務に従事していると思われる複数の人型実体が確認されています。SCP-XXXX-JP及びSCP-XXXX-JP-Aは全て国際NPO法人2WSCCに属すると考えられますが、WSCCのあらゆる詳細は不明です。比較的有名な組織であるにも関わらず公的、私的を問わず如何なる調査、監査、それらに関する提言等も行われていない事から、WSCCの情報自体が何らかのミーム災害キャリアとなっていると推測されます。SCP-XXXX-JP-Aの多くは高レベル現実改変者である事が確認されており、民間人として全ての情報の特定に成功しているにも関わらず追跡、捕獲の試みは全て失敗している他、WSCC全体の統括的指導者と見られる実体(以下SCP-XXXX-JP-A-1)は非常に強力な現実改変能力を有し、撮影装置による一切の捕捉は不可能です。

SCP-XXXX-JPで活動していると思われる存在より、財団が保護する児童らを通じて数回の接触が行われていますが、痕跡の確認、侵入経路の把握は失敗しています。児童らが接触時に伝えられたと主張する内容は以下です。

  1. WSCCは財団と敵対する意思を一切持っていない。
  2. 自己隠蔽、自己防衛の為のあらゆる方策を実施しており、財団による収容・保護は必要無い。
  3. イベントXXXX-JP(後述)がSCP-XXXX-JP及びWSCCの最大目的である。

毎年11月頃から年末頃まで、SCP-XXXX-JPに莫大な量の手紙、メールが送られている事が確認されています。手紙は高齢者ツアーのバス、外注したチラシ等に偽装されて輸送され、それらを奪取する試みは全て輸送人員及び内容物の消滅という形で失敗しています。また、メールデータの傍受には成功したものの、全て不可解かつ巨大な画像データで構成されていました。

12月頃より年末の日雇いアルバイトに偽装した人員の出入りが増加します。SCP-XXXX-JPに入場する際には非常に軽装にも関わらず、退場する際には非常に多くの荷物を携えているケースが多く確認されていますが、いずれも追跡は失敗しています。

12月25日未明に米軍、自衛隊を始めとする世界中の警備レーダーに高速で飛翔する何者かが映る事が知られていますが、先述の接触の際、WSCCの関与が仄めかされています。同時に確認出来る1飛行体はダミーであり、同時に多数の類似の飛行体(以下SCP-XXXX-JP-B)が活動しているとの情報ももたらされましたが、該当する実体は確認されておらず信憑性が疑われています。

SCP-XXXX-JP-Bが子供3が住んでいる住宅上空を通過した際、SCP-XXXX-JPで生産されたと思われる物品が住宅内に出現します。この時同居している保護者の有無や子供及び保護者の宗教観等により出現した際に過去改変が行われるケースが多数確認されており、その多くは「親が子供にプレゼントを買った」という記憶、記録が捏造されます。この現象についてWSCCからは「家族団らんの為」との情報が伝えられています。

SCP-XXXX-JPが関係する一連の現象は一般への露見の可能性が低い事、長期間同様のイベントが継続しており他の目的があるとは考え難い事、財団が保有している技術で可能な確保行為の限界を超えている事等から、調査を目的としない一切の確保行為は見送られています。


ERROR

The falsehood's portal does not exist.


エラー: falsehoodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3979506 ( 02 Jun 2018 23:00 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License