SCP-2110 Safe Haven/安全な天国 (※翻訳不完全)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
SCP-2110

SCP-2110

アイテム番号: SCP-2110

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル: SCP-2110は、損傷を防ぐためにそれを維持するカバーストーリーの下で常に少なくとも2人のレベル3職員によって現場で監視されます。 この場所は、ジュニアゴスノルドの保護トラストによって保護が必要な歴史的建造物としてマークされているため、これ以上のアクションは必要ありません。 ただし、一般市民に知識の違反があった場合、および、または民間人がSCP-2110への侵入に成功したことが判明した場合、必要に応じてクラスA記憶処理を施し、影響を受ける個人を最大28日間監視します。 SCP-2110の異常な影響に関する情報を抑制するために、偽情報キャンペーンが行われます。

アメリカ生まれ、ブラジル生まれ、ワンパノアグ族に属している者、マーサズヴィンヤードに住んでいる者、またはマーサズヴィンヤードに5年以上連続して友人や家族が住んでいる者は、いかなる状況下でもSCP-2110に入ることは許可されていません。 SCP-2110-1とのインタビューを実施する職員は、アメリカ生まれ、ブラジル生まれではなく、ワンパノアグ族に属していない、マーサズヴィニヤードに住んでいた、または友人や近親者がマーサズヴィンヤードに5年以上連続して住んでいたことがない者でなくてはいけません。 担当者は、危険物質封じ込め連絡係(HMCL)から概要と承認を受けるために、2週間前にアンケートを提出し、面接が終了してから28日間の監視期間を経なければなりません。 再入場時、SCP-2110はすり減っています。

見た目がSCP-2110-1と一致する個人に関するすべての実例に関する新しい情報はすべて抑制され、これらの実例の現在の状態は維持されます。

説明: SCP-2110は18██年に建てられたマサチューセッツ州オークブラフスにある2階建てのジンジャーブレッドコテージです1.
居住の歴史は記録されておらず、その異常な特性がいつ現れたかは不明です。 遠隔操作ローバーを介してコテージの内部を観察すると、コテージが放棄され、破損していることがわかります。 1階の窓越しに覗くと、カーテンや家具など様々なもので視界が完全に遮られてしまいます。 2階の窓は、1階と同様の方法でブロックされているように見えます。

対象がSCP-2110に入ると、コテージの内部は完全に内装が施され、修理されます。家具や電化製品は、現在の時代に一般的に使用されている建築様式と一致しています。 家庭には電子機器はありません。 SCP-2110-1はSCP-2110に入るとダイニングエリアとキッチンに現れ、ダイニングエリアには食べ物が出現します。 すべての備品、電化製品、食べ物は家から取り除くことができますが、次に人がコテージに入ると、アイテムは交換されます。 SCP-2110から採取されたすべての物体と食べ物は異常ではないことが判明しています。 対象がSCP-2110に入るとすぐに、SCP-2110-1は対象を歓迎し、時間に関係なく、対象をダイニングエリアに招待し、一緒に夕食を食べさせます。

SCP-2110-1は、対象が入るとコテージに現れる7人の実体に与えられる指定です。 SCP-2110-1-Aを除くすべての実体は、18██から20██の間に行方不明であると報告された人々と外観が似ており、すべてマーサズヴィニヤードで見られました2。 彼らへのインタビューは、それらがすべて家族の構造で行動し、年齢と性別が各実体の家族の役割を決定することを示しました。 どのようにしてSCP-2110-1がマーサスヴィンヤードのブドウ園に建てられたかについては不明です。 しかし、SCP-2110-1-Aを除いて、すべての人がマーサズヴィンヤードに住んでいたか、5年以上連続して住んでいた友人や近親者がいました。 SCP-2110-1は、問題についての彼らとの会話に関係なく、公共の世界における技術的または社会的な進歩を認識しています。

  • SCP-2110-1-A(「父」):白人、出生地不明、50代半ば、身長1.9 m。既知の行方不明者のケースと一致しないグループ内の唯一の個人。
  • SCP-2110-1-B(「母」):マサチューセッツ州生まれ、60代後半、身長1.7 mのワンパノアグ。マサチューセッツ州██████████の町からの18██年の行方不明者と一致します。
  • SCP-2110-1-C(「叔父」):アフリカ系ブラジル人、リオデジャネイロ生まれ、40代後半、身長2 m。マサチューセッツ州の███████████からの19██年の行方不明者事件と一致します。目撃者と被験者へのインタビューでは、SCP-2110-1-Cは口頭でのコミュニケーションが不可能であり、ブラジル手話のみで話し、SCP-2110-1-Fは翻訳を行っています。
  • SCP-2110-1-D-E(「叔母と甥」):マサチューセッツ州生まれ、30代半ばと11歳、身長1.65 mと1.4 mのブラジル人。マサチューセッツ州██████の20██からの行方不明者の事件と一致します。
  • SCP-2110-1-F(「息子」):ブラジル人、マサチューセッツ州生まれ、20歳、身長1.6 m。マサチューセッツ州████████の町からの20██からの行方不明者事件と一致します。
  • SCP-2110-1-G(「娘」):白人、████生まれ、21歳、身長1.55 m。以前はD-9350で、SCP-2110-1の新しいインスタンスを人工的に作成するために、SCP-2110の異常な特性をテストするために使われました。

対象は自分の意志で去ることができますが、対象は通常自分と一緒に食べるというSCP-2110-1の申し出を受け入れます。 対象が食べると、対象はSCP-2110-1に安らぎと快適さを感じると報告します。 この間、SCP-2110-1は質問に喜んで答えます。 去った後、対象はSCP-2110を再訪したいという願望を表明します。 これは3日間から28日間続きます。 時間の経過とともに対象はSCP-2110への訪問に抵抗することができ、再訪したいという欲求はなくなります。 しかし、対象がSCP-2110を訪れる回数が増えるほど、対象の衝動は強くなります。 クラスA記憶処理はSCP-2110の記憶を問題なく消去できることが示されています。

対象がSCP-2110をさらに訪問すると、対象者はSCP-2110-1へのより緊密な絆を報告し、個人的な歴史や家族についての話をSCP-2110-1の要請に応じて当実体群に報告するとともに、よりカジュアルかつオープンに話します。
2〜6回の訪問の後、アメリカ生まれ、ブラジル生まれ、またはワンパノアグ族に属する対象は、コテージの2階で寝るよう招待されます。 SCP-2110-1へのインタビューによると、この申し出を断った人はいません。 被験者が2階で寝るとき、外部からの影響や領域を出る命令に関係なく、すべての映像と音声記録装置の接続が遮断され、対象とのすべての接触が失われます。 次に誰かがSCP-2110に入るとき、対象はSCP-2110-1の別の実体になります。

すべての対象にこれらの影響が見られたにもかかわらず、SCP-2110-1はアメリカ生まれ、ブラジル生まれ、またはワンパノアグ族に属する対象のみをSCP-2110で眠るように誘うことが知られています。3 SCP-2110-1は他の誰も招待していないと主張しています。

補遺2110-A: SCP-2110は、マーサズヴィンヤードに関する行方不明者の報告が徐々に増加した後に発見されました。この行方不明者に類似した実体を備えたお化け屋敷の噂と直接相関しています。 SCP-2110に曝された目撃者にインタビューした後4、その基本的な効果が理解されました。 最初の封じ込めおよびその後の実験の時点で、SCP-2110-1の8つの実例がありました。 目撃者へのインタビューにより、SCP-2110-1の家族構成が明らかになりましたが、SCP-2110-1の実体は、彼らの関係やSCP-2110に加わった個人の時間を説明することはできませんでした。 SCP-2110-1で行われたテストとインタビューのみが回答を得ることができました。

layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License