卒検検定員

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの周囲には職員を配置し、一般人の立ち入りを禁止してください。カバーストーリーは基本的に「インフラ工事」を適用します。SCP-XXXX-JPの実験を行う際は、クラス3以上の職員の許可の元行ってください。また、「検定中止イベント」の発生の際は、死傷者や目撃者に応じて適宜記憶処理やカバーストーリーの適用を施してください。

説明: SCP-XXXX-JPはかつて██県自動車学校が存在した広さ██m2の土地です。██県自動車学校の移転に伴い現在は教習用の道路のみが残されています。SCP-XXXX-JPは原理不明の耐破壊性を有しています。そのため、土地内の道路や標識等は移動、破壊することができません。

SCP-XXXX-JP内に運転手(以降、対象)以外の人間が乗車していない自動車(例外あり)が侵入した際に異常性が発現します。四輪車の場合は対象の自動車の助手席に、二輪車の場合は対象を追走する形で出現した四輪車の中に人型の実体(SCP-XXXX-JP-1と呼称)が出現します。SCP-XXXX-JP-1は対話を敬遠する素振りがみられますが、対話は可能です。

SCP-XXXX-JP-1は出現後、対象に右左折の指示を行い、およそ30分かけて対象がSCP-XXXX-JPに戻るように対象を誘導します。対象が二輪車に乗っていた場合は、未知の方法で対象を誘導し、SCP-XXXX-JP内のコースを走らせます。対象はSCP-XXXX-JP-1の出現や指示に一切の違和感を持たず、この指示に従います。また対象が「検定イベント」中に道路交通法違反運転(一時不停止や標識違反等)や誤操作(脱輪等)、危険行為(急発進、急停車等)、を行った場合、SCP-XXXX-JP-1は手元の用紙の「点数」の欄に負の数を書き込みます。この負の数はー5、-10、-15、-20、-100が確認されています。SCP-XXXX-JP-1が書き込んだ負の数の合計がー100になった際にも「検定中止イベント」が発生します。

「検定中止イベント」が発生するとSCP-XXXX-JP-1と自動車が消失し、運転手のみが残されます。この際、対象はおおよそ慣性力により射出されますが、それによる器物の損壊や対象の負傷は一切見られません。また、「検定中止イベント」が発生した際の対象の表示・標識無視による減点地点のうちの一つに新たに標識・表示が出現します。この標識・表示は周囲の状況にあったものとなり(赤色の点滅信号に対面する道路に「止まれ」の標識が出現する等)、その出現方法は国土交通省既定の道路標識設置基準にのっとって設置されたものという過去改変が行われます。

対象が「検定中止イベント」を起こさずに、再びSCP-XXXX-JPに戻り、SCP-XXXX-JP-1に従い停止すると、SCP-XXXX-JP-1は対象に簡素なねぎらいの言葉をかけたのちSCP-XXXX-JP-1が即座に消失します。またこれ以降、対象はSCP-XXXX-JPの異常性の対象にはならなくなります。なお、このSCP-XXXX-JPに曝露した後の対象の行動への強制力はありません。

補遺: SCP-XXXX-JPは「時速60kmで人が射出された。」という事件が目を引き、異常性の確認後収容に至りました。██氏は運転免許取得後、3█年間無事故無違反で、第一種普通自動車優良運転者免許証1所持者でした。


ERROR

The Eqlipse's portal does not exist.


エラー: Eqlipseのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:eqlipse ( 27 Jul 2018 06:47 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License