ルーキーコンテスト参加作品「煙り蕩ける芥の葉」

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-1(以下-1と表記)、SCP-XXXX-JP-2(以下-2と表記)はどちらも低驚異度物品ロッカーに保管してください。基本的な保管方法は「20██年版Anomalousアイテム保管法」に則りますが、2週間に1回指定の除湿剤を交換する必要があることを観察担当職員は留意してください。財団が確認しているSCP-XXXX-JP-3(以下-3と表記)を獲得する方法は-1と-2を使用した方法のみであることから、実験担当職員はSCP-XXXX-JPを用いた実験を行う場合は自身以外のセキュリティクリアランス3以上の職員の許諾のもと行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは-1、-2、-3の3つの要素から構成されるオブジェクトです。-1は出所不明の栽培されたタバコの葉を加工した、キセル用の刻み煙草です。-2は「煙管 神饌」という文字が刻まれた煙管です。-1は焼却以外に破壊することは不可能ですが、-2の強度は通常の煙管と相違ありません。-3は-1を-2に装填して燃焼させた際に発生する煙です。-2の-1を装填できる容量を度外視した量を何らかの方法で無理矢理に装填した場合、-1と-2は消失します。-3を構成する化学物質は通常のそれと相違ありません。-3の異常性は、-3を脳器官を有する人間が摂取した時に発現します。-3を直接喫煙的、もしくは間接喫煙的に摂取した対象をSCP-XXXX-JP-a(以下-aと表記)と呼称します。
-aが-3を摂取し体内に留めている間、-aが有するニューロンやシナプスといった情報処理に関する細胞が異常な速度で活発化していきます。この状態に変化した-aは一様に「すごく頭が良くなった気分だ。頭の中にアイデアが溢れて止まらない。」といった旨の感想を筆談にて示しています。-aが-3を体外に放出した場合、脳器官の異常な衰弱が発生します。実験の結果、-aが脳器官のはたらきを正常に戻すには平均1時間13分有することが判明しています。また-3を一回摂取することにより、-aの脳器官の直径が約1cmほど収縮することが判明しています。人間が-aに変化した際に見られる特徴として、-aは自分の手で芸術作品を作りたいという激しい欲求に駆られます。この異常性は過去に財団が収容している-aが絵の具やキャンバス、タイプライターや録音機材を収容室に置いてほしいとの要請を行ったことから判明しました。
上記の特性から-3は強い依存性があり、-aは-3の摂取に対して強い関心を示すようになります。また正常な認知、思考、行動が不可能になる状態に陥ります。その状態からさらに複数回-3を摂取した場合、-aの脳器官から-1の原料となったタバコの葉が約250〜550gほど頭蓋を突き抜け生え始めます。この流れを「ジャム・イベント」と呼称します。ジャム・イベントが発生した-aは現時点では一切の例外なく死亡します。

発見経緯: 20██/██/██、██県██市の市街地から、日本時間19時36分に「道端で頭から草を生やしながら死んでいる人がいる」という通報を受け、潜伏していた複数の財団エージェントによって遺体の所持品から-1、-2を確保しました。オブジェクトの出どころは未だ不明ですが、現在財団は38本の-1、1.8kgの-2を確保しています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The EianSakashiba's portal does not exist.


エラー: EianSakashibaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6139370 ( 21 Feb 2020 13:55 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License