SCP-XXX-JP - 忘れるけど

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは本稿執筆時点で50代の日本人男性です。SCP-XXX-JPは常時、本人の意思とは無関係に平均して120dBほどの音声を頭部から未知のメカニズムで発しています。音声を解析した結果、野球を行う際に発生する種々の音声であり、それらの音声の発生するタイミングから実際の野球の試合をシミュレーティングすることが可能であることが判明しました。SCP-XXX-JPは自らの異常性により聴覚に重度の障害を患っています。

補遺1: SCP-XXX-JPは収容以前、██市民球場の管理責任者でした。同球場は老朽化、及び市の運営難のために解体が予定されていましたが、1999年に未知のメカニズムにより消失し、同時にSCP-XXX-JPが異常性を獲得したことが確認されています。

補遺2: インタビュー記録

ERROR

The EFU's portal does not exist.


エラー: EFUのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2835717 ( 07 Aug 2018 06:42 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License