SCP-x-JP"白色電球と黒色電球"

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-x-JP

オブジェクトクラス: Safe

bulb.jpg

非活性状態のSCP-x-JP

特別収容プロトコル: SCP-x-JPはスイッチを切った状態で低危険度物品収容ケースに入れて収容されます。実験等で持ち出す際にはセキュリティクリアランス2が必要です。

説明: SCP-x-JPはSCP-x-JP-AとSCP-x-JP-Bの1組の電球です。SCP-x-JP-Aの外見的特徴は、フィラメントが内蔵されていないこと、底面にオルタネータスイッチが内蔵されていることであり、-Bの外見的特徴は、ガラス部分の内面全てが黒くなっており、一切の光が透過しない点です。SCP-x-JP-A・SCP-x-JP-Bのどちらも既存の規格の製品とは合致しません。電源を接続して点灯させる試みは失敗しています。また、高温・高圧力下での耐性が確認されており、その上限値は今のところ不明です。その他の物理的特性、形状は添付の資料を確認してください。
SCP-x-JPの異常性はSCP-x-JP-Aの底面のスイッチを押し込んだ際に発現します。SCP-x-JP-Bが周囲から光を吸収するようになり、SCP-x-JP-AはSCP-x-JP-Bが吸収した光と同じ量の光を放出するようになります。光の吸収・放出はガラス部分から行われ、SCP-x-JP-Bが吸収する光の範囲は一般的な白熱電球の配光範囲に一致します。この際外部からの電気エネルギーを必要としません。

補遺1: これまでに行われたSCP-x-JPの実験に関する記録です。

補遺2: 補遺2を表示するためにはSCP-x-JPの担当研究員であることの証明が必要です。

職員コード
パスワード

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The DrClipper's portal does not exist.


エラー: DrClipperのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5712708 ( 10 Oct 2019 14:57 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License