都市伝説SCP

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの居住区画は2重の電流柵と有刺鉄線で囲み、その外周には高さ3mの鉄筋コンクリート製の壁を建設します。居住区画付近には警備員の駐留施設を建設し、3名以上の警備員を常駐させてください。SCP-XXX-JPが収容違反を試みた実例はありませんが、居住区画を逸脱したSCP-XXX-JPはただちに確保してください。確保の際の生死は問いません。確保作戦中に銃器を使用した場合、作戦終了後に所定のフォーマットの報告書を提出してください。

説明: SCP-XXX-JPは長野県████山中に存在する集落で発見された人型実体群です。2018年12月1日現在の個体数は103名です。SCP-XXX-JPの外見は通常の人間に酷似していますが、DNAおよび精神性において大きな相違が確認されています。SCP-XXX-JPのほとんどの個体は自主性が著しく欠如しており、生存に直接関係ない行為に関して興味を示すことはほとんどありません。

SCP-XXX-JPは妊娠期間が4か月と短く、また人間と生殖行為を行うことも可能です。ただし人間との生殖で発生する乳児は、すべてSCP-XXX-JPとなります。

事案XXX-JP-2: 2018年11月9日、SCP-XXX-JP3体とザヴァツキ研究員が行方不明になる事案が発生しました。ザヴァツキ研究員はSCP-XXX-JPが新月の夜に行う儀式の観測中に失踪しました。失踪直前の

事案XXX-JP-3: 2018年12月11日、事案XXX-JP-2により行方不明になっていたザヴァツキ研究員がSCP-XXX-JP居住区域で発見されました。ザヴァツキ研究員は全身が凍結した状態で死亡しており、肺の中からは未知の酵素を含む不凍性の液体が大量に発見されました。事案XXX-JP-2から発見時までのザヴァツキ研究員の足跡は判明していません。

ERROR

The dr_toraya's portal does not exist.


エラー: dr_torayaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1869219 ( 19 Jul 2018 03:42 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License