SCP記事下書き「聖母のミキサー」

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の専用収容室に直立した状態で収容します。毎日3回以上、SCP-XXX-JP収容室内で敬虔なカトリック教徒による祈りを行ってください。SCP-XXX-JPの顔全体は監視カメラにより常に撮影し、変化があった場合には自動通報装置により収容担当者に通知が行われます。通知を受けた収容担当者は直ちにSCP-XXX-JPの状態を確認してください。SCP-XXX-JPが涙を流していた場合、速やかにカトリック教徒の職員をできるだけ多く招集し、涙が停止するまで祈りを行ってください。SCP-XXX-JPが自律行動を開始した場合、祈りを中止し利用可能なすべてのDクラス職員を招集しプロトコルAGE2を実行してください。

説明: SCP-XXX-JPは石膏で作られた全長およそ2mの聖マリア像です。SCP-XXX-JPは有機的な組成を持たないにも関わらず、予兆なく突発的に、眼窩部分から涙のような液体を発生させることがあります。(以下、落涙フェーズと呼称。)生成される液体の組成は人間の涙と酷似していますが、DNAなどの由来は不明です。落涙フェーズの発生確率はSCP-XXX-JPに対しカトリック教徒による定期的な祈りが捧げられなかった期間に比例して上がることが確認されていますが、詳細な発生条件は不明です。落涙フェーズが始まった場合、SCP-XXX-JPの前で複数のカトリック教徒による祈りを行うか、ダンスミュージックの再生を行うことで終了を促すことができます。カトリック教徒は人数が多いほどまで落涙フェーズ終了までの時間が短くなることが判明していますが、まれに落涙フェーズが早期に終了しないこともあり、調査が継続されています。

SCP-XXX-JPの落涙フェーズが終了しなかった場合、数十分後にSCP-XXX-JPは自律行動を開始します。(以下、稼働フェーズと呼称。)稼働フェーズに入ったSCP-XXX-JPは、衣服の乱れを整えた後、地面に手をかざすような姿勢をとります。手をかざしてから数秒以内に、SCP-XXX-JPの周囲には複数種類の機械類が強い光とともに出現します。稼働フェーズが開始してからこの現象を制止する試みは、バリケードの飛散、収容壁の消失、機動部隊員の負傷1と排除などの理由によりすべて失敗に終わっています。SCP-XXX-JPが機械類の調整を終え、同様に出現させたヘッドホンを装着すると、光源の有無に関わらず収容室内の光量が著しく低下し、拡散フェーズに入ります。

拡散フェーズに入った場合、SCP-XXX-JPの周囲にいる人物は比較的大音量の音楽を認識します。しかしこの音楽は物理的には発生しておらず、障害物により軽減することもできないことから、一種の精神影響であることが確認されています。音楽を認識した人物は、個人ごとの本来の好みに関わらず、認識した音楽に対し肯定的な印象を示し軽度の興奮状態に陥ります。精神影響の影響半径は拡散フェーズの継続とともにおよそ0.2m/sの速度で拡大します。これは42分で直径1 ㎞に達する速度であり精神影響の拡大速度としては比較的高速です。また影響半径の上限は確認されていません。拡散フェーズはSCP-XXX-JPの周囲でプロトコルAGE2に規定された行動を多くの人物が実行することで停止を促すことができます。プロトコルAGE2に示される行動の一例を次に示します。

  • 大声で笑顔を交えて会話する
  • 音楽に合わせて全身でリズムを取る。
  • 音楽の切り替え時に拍手をする、または歓声を上げる。

プロトコルAGE2が実行され、SCP-XXX-JPの収容室が一定程度の盛り上がりに達した場合、拡散フェーズは停止します。さらにその盛り上がり状態が数十分間継続した場合、拡散フェーズは終了します。拡散フェーズ終了時、SCP-XXX-JPは挨拶をするように手を掲げたあと、稼働フェーズ開始前の姿勢に戻り機械類の消失とともに非活性化します。現在までこの非確定的な方法以外で拡散フェーズを終了する試みは成功しておらず、強制的な非活性プロトコルの確立に向けた検討が進められています。

dancehall

プロトコルAGE2

画像は仮です

現在までSCP-XXX-JPへのインタビューは成功していません。財団職員の問いかけにSCP-XXX-JPが答えたと思われる事例は一例のみであり、その内容は「Who's bad?」でした。ただしこの応答は精神影響により行われたため、実際にSCP-XXX-JPが発したものなのか、インタビュアー自身が想像したものなのかは判明していません。

ERROR

The dr_toraya's portal does not exist.


エラー: dr_torayaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1869219 ( 19 Jul 2018 03:42 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License