黒板消し(仮)

現在このページの批評は中断しています。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは布の面を上に向けた状態で持ち手側を台に固定し、中の見える透明なケースの中に保管されます。持ち手は鎖で台に繋ぎ、台から完全に落下することを防いでください。鎖を外すこと、布側を下に向けること、液体に触れさせることは固く禁止されています。一週間に一度、固定の強度を確認してください。強度の再確認及び再固定の際、SCP-XXX-JPが落下しないよう注意してください。ケース内は監視カメラで常時確認されており、不慮の事故等で固定が弱まった場合、警備員が急行します。

説明: SCP-XXX-JPは一般的な黒板消しです。布製の面とプラスチック製の持ち手で構成されており、持ち手側に異常性はありません。布側が非生命体の物体に触れた場合のみ、SCP-XXX-JPはその異常性を発揮します。布側に非生命体が触れると、SCP-XXX-JPは活性化し、布側に触れている物体の融点と同等の温度になります。融解の速度はその都度変わりますが、直接触れた場所に関わらず全体が融解するという特性は同じです。生命体が触れた場合は何も起こらず、活性化している状態で触れても温度を感じません。融解が開始してからSCP-XXX-JPを対象から引き離しても、融解は止まりません。また、周囲の温度の上昇はなく、布側に触れている対象以外が融解することはありません。

実験記録XXX-1 - 20██/11/██

対象: ガラス板。
実施方法: 布側にガラス板を触れさせる。
結果: 融解した。すべて融解するまでにかかった時間は2分10秒。

ガラス板以外は何も影響を受けませんでした。-██研究員

実験記録XXX-2 - 20██/11/██

対象: 紙。
実施方法: 布側に紙を触れさせる。
結果: 融解した。すべて融解するまでにかかった時間は1分25秒。

紙は燃えるほうが先だと習ったのですが。-██研究員

実験記録XXX-3 - 20██/11/██

対象: D-████
実施方法: 布側にD-████を触れさせる。
結果: 衣服のみが融解。かかった時間は5分。身体には影響なし。

火傷じゃ済まないと思っていたのですが、対象の温度が伝わることはないようです。-██研究員

実験記録XXX-4 - 20██/11/██

対象: ガラス板 机。
実施方法: 持ち手側にガラス板を触れさせる。 ガラス板を使う予定であったが、持ち手側にガラス板を置きやすいように布側を下向きに待ったところ、布側に触れた机が融解した。
結果: 机が融解した。かかった時間は10秒。回収の際、持ち手側には異常性がないことを確認。これ以降、布側を下向きにすることは禁止。

もう少し手を上にしておくべきでした。誰もいないときに布側が下向きに落ちたら危険ですね。床は消えるとして……地面も?-██研究員

実験記録XXX-5 - 20██/11/██
詳細は実験記録XXX-5を参照してください。

補遺: SCP-XXX-JPは、██市内の中学校から「黒板が消えた」という通報があり発見されました。さらなる異常性は発見されていないため、現在新たな実験の計画はありません。

評価: 0+x
blank.png


ERROR

The dotoha's portal does not exist.


エラー: dotohaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:dotoha ( 06 Jun 2018 03:18 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License